2022.02.11

男性のホンネ!本命以外の女性からのアプローチって正直どう?

アプローチをするのは恋愛の基本です。脈アリか脈ナシか考える前に、とりあえずアプローチをしてから相手の様子を見て、判断するという人も多いのではないでしょうか。一方で、全く興味がない女性からアプローチをされた時の男性の本音も気になりますよね。

そこで、今回のコラムでは「本命じゃない女性」からアプローチされた時の男性の本音を紹介していきます。
男性として、やはりモテるのは嬉しいことでしょう。女性に好意を向けられ、アプローチをされること自体は嬉しいと思う男性が多いようです。

ですが、アプローチされたからといって、恋愛対象外の女性を好きになることはなかなかありません。そのため、情熱的なアプローチをされても断らなければならないことが多く、申し訳ないと感じる男性も多いようです。
アプローチをされて応えられない場合でも、特に社会人ともなると毎回塩対応ができるわけではありません。

仕事の都合や人間関係のノリで優しく接することもあるでしょう。そうした自分の行動で女性に一喜一憂されると申し訳ない気持ちになるようです。

「確かに優しく接したつもりだけど、そういうつもりじゃないんだよなぁ」など、悩んでしまう男性は決して少なくありません。
アプローチの時「友達に協力してもらう」や「周りから固める」などのテクニックを使う女性もいます。ただし、本命じゃない女性にそういうテクニックを使われるのは、男性としては正直迷惑だと感じることの方が多いようです。

周りを巻き込まれると、断るだけで男性が悪者扱いされてしまうこともあります。「正直、周りに話されただけで嫌いになる」という厳しい意見もあるので覚えておくと良いでしょう。
本命じゃない女性からアプローチをされると、どんな風に対応すれば良いのか分からず困る男性も多いようです。

本格的なアプローチを始める前に、相手の気持ちを少し見極めてからの方が良いかもしれません。(土井春香/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連記事