倦怠期

2022.02.16

別れたくない!【彼氏だけが倦怠期】を迎えてしまった時の対処法とは

付き合っている彼氏だけが倦怠期を迎えていると、この先も長く交際を続けられるか不安に感じますし、とても寂しい気持ちになりますよね。前まであんなにラブラブだった2人の関係も彼氏が倦怠期を迎えると、どうやって対処すればいいの?と悩むかと思います。

やはり彼女としては、彼氏の倦怠期を上手に正しく対応して元のラブラブだった頃の関係に戻したいと考えることでしょう。

そこでこの記事では、彼氏だけが倦怠期を迎えてしまった時の対処法についてご紹介いたしますので参考になれば嬉しいです。
大好きな彼氏だけが倦怠期を迎えてしまった時は、少し距離を置いて2人で一緒に乗り越えていくことが大切です。やはり常日頃から2人でいるからこそ、徐々にマンネリ化して「つまらない」と感じるようになりますので、対処するためには距離を置く必要があります。

1人になってゆっくりと考えて心の整理をすれば、徐々に余裕が生まれますので、きっと彼氏の倦怠期も克服できるはずです。
やはり女性からしてみれば彼氏だけが倦怠期を迎えてしまった時は、とてもショックですし辛い瞬間でもありますが、2人で一緒に楽しめる趣味を見つけて対処しましょう。

例えば「テニス」「サッカー」などこれまで2人でしたことの無い趣味を見つけて楽しむことで、新鮮味がありますしマンネリを克服できるはずです。

2人で共通の趣味を楽しむことができれば、心の絆も深まりますし以前のようにラブラブなカップルに戻れることでしょう。
ある程度付き合ってくると、どうしても記念日が適当な対応になってしまい、マンネリ化することで彼氏だけが倦怠期を迎えてしまう可能性もあります。

彼氏の倦怠期をしっかりと対処して2人で乗り越えるためには、やはり初心に戻って特別感のある記念日にすることが大切です。

2人ではじめてデートした場所に行っても良いですし、ちょっぴり奮発して日帰りの旅行に出かけることで、新鮮味がありますしマンネリ化を解消できます。
彼氏だけが倦怠期を迎えてしまった時の対処法は、やはり自分磨きをしてもう一度あなたに振り向かせることが大切です。

倦怠期を迎えている彼氏は、あなたのことが徐々に冷めてきていますので、ダイエットやオシャレをして外見や中身をしっかりと磨きます。

これによりもう一度あなたを見た彼氏は、思わずドキッとして「こんなに綺麗だったけ?」「前よりも優しくなったな」と好印象を抱きます。
女性からしてみれば、彼氏だけが倦怠期を迎えてしまった時は、とても辛く寂しい気持ちになりますが、しっかりと対処すればもう一度ラブラブな関係に戻れるチャンスがあります。

彼氏が1人でゆっくりと考える時間を作れるように少し距離を置いたり、自分磨きをしてさらに魅力的な女性になれば、もう一度あなたに振り向いてくれます。

(ハウコレ編集部)

関連記事