2022.03.31

やめておこう!避けたい【キスのシチュエーション】って?


相手のことが大好きだと、どんな時でもキスがしたくなることでしょう。その気持ち自体は自然なもので、否定するものではありません。

ですが、キスをするシチュエーションによっては、そんな風にせっかく相手のことを想っている気持ちが台無しになってしまうこともあります。どんなシチュエーションのキスは避ける方が良いのか、お互いの今後のためにも覚えておきましょう。
誰かに見られそうなところでのキスって、ドキドキ感もアップして最高のキスになりそうですよね。ドラマや漫画では、そういう場所でキスをする描写もよく見かけるでしょう。

ですが、実際はそういう場所でキスをすると、誰かに見られて気まずい思いをしてしまいます。見た側と見られた側が気まずいだけではなく、その後の彼との関係も微妙になりかねないので、そんなシチュエーションでのキスはやめましょう。
食べ終わった後のキスも避けるのがおすすめです。リラックスモードでついついキスがしたくなるかもしれませんが、食後すぐにキスをすると口臭が気になってしまうもの。

相手の口を「くさい」と感じるだけではなく「私の口臭は大丈夫かな」と気になって、キスに集中できなくなるでしょう。お互いに集中できない状態でキスをしても良いことはないので、食後のキスもおすすめできません。
食後と同様、寝起き直後のキスもおすすめできません。寝起き直後は、気を付けていても口臭が気になる時期ですよね。自分で思っているよりも口臭がきついこともあり、相手をがっかりさせてしまう恐れがあります。

せっかく気持ち良く寝ていたのに、そんなことになっては台無しです。寝起き直後はキスをしたくてもガマンして、朝ごはんが終わって歯を磨いてからキスをする方が雰囲気も良くなりますよ。
「キスをしたい!」という気持ちが高まったからといって、すぐにキスをすると微妙な気持ちになってしまうシチュエーションは存在しています。憧れのシチュエーションでも、キスをすることで台無しになる恐れもあるので、本当にキスをしても良いのかじっくり考えてみてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事