2022.04.06

焦らずに見極めて!【してもイイ復縁とダメな復縁】の違いって?

彼氏と別れた直後は、《復縁》がそれなりに魅力的な選択肢に思える時期かもしれません。

ですが、せっかく復縁してもまた同じ失敗の繰り返しですぐに別れることになってしまっては元も子もありませんから、あらかじめ《してもいい復縁》か《しないほうがいい復縁》かをしっかりと見極めましょう。

今回はその方法をご紹介します。
《良い復縁》のためには、もともとふたりが別れてしまった原因を根本的に解決するのが条件です。

これができていないのに、ただ単に「まだ好きだから」「やっぱり一緒に居たいから」の感情論で復縁をしても、ロマンティックかもしれませんがまた同じ原因で別れてしまうでしょう。

ふたりは一度別れてしまったカップルだという事実を直視して、復縁前にしっかりとふたりで話し合い、「何が根本的な原因となってふたりは別れてしまったのか(浮気が直接的な原因ならどうして浮気をしてしまったのか)」を特定して、それを解決できることを確認してから復縁するのでも遅くありませんよ。
復縁しようとするときには、自分の気持ちをよく確かめましょう。

たしかに別れた直後は元カレのことが《まだ好き》な気持ちであることが多いと思いますが、では《一番好き》とまで言えますか?

この先、他の男性と出会っても元カレ以上に好きな人は現れないと断言できるほど好きですか?

要するに、ただ単にまだほんのちょっと未練があるだけで復縁しようと思っていませんか、ということです。未練の《まだ好き》は、時間が経てばそのうち消えていきますから、それを満たすために復縁するのは悪手です。

《まだ好き》なだけか、それとも《一番好き》なのかのチェックは、ぜひ復縁前に元カレとふたりで一緒にやってみてください。
復縁の成功率ってあまり高くありません。

それは今回ご紹介したように、もともとの別れの原因を解決せずに勢いで復縁してしまうカップルや、ただ未練がましさから復縁してしまうカップルが多いからだと思います。

みなさんも復縁を考えるときにはぜひ慎重に。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事