2022.04.16

「ちょっとムリだわ...」男性がドン引きする彼女の食事NGマナー!

デートの時、彼女の食事マナーをさりげなくチェックする男性は多いと言われています。
特に、結婚を見据えたお付き合いをしていたりすると、食事マナーが悪い女性は「どんなに可愛くてもナシ!」なんて思われてしまうでしょう。

なので、デートの時はいつも以上に食事マナーに気を付けることが重要です。

そこで今回は、男性がドン引きする食事のNGマナーをご紹介していくので、デートに行く前にしっかりチェックしてくださいね!
彼との会話に夢中になってしまうと、つい色々と話したくなるでしょう。
ですが、口に物を入れたままで喋るのは絶対にNGな食事マナーです。

租借音や見た目で彼の食欲がなくなってしまう恐れがあります。
もちろん、周りの人を不快にさせる恐れもあるでしょう。

一緒にいる彼に恥をかかせる可能性も高いので、絶対に気を付けてくださいね。
レストランやカフェでは、自分が食べきれる量を頼みましょう。小食な人は、注文の時点で少し少なくしてもらうのもおすすめです。

また、量の調整ができない飲食店でどうしても残す場合もマナーに注意が必要です。

「食べられないから無理!」とそのまま残すのではなく、できるだけ汚く見えないように一か所に集めて残すようにしましょう。

また「ごめんね、もう食べられないんだ」という一言を伝えて、男性にできるだけ不快な思いをさせないようにすることも大事でしょう。
女性は、友達や家族と出かけると「それ、一口ちょうだい!」とシェアする人も多いですよね。ですが、男性はそういうシェア食べを苦手とする人が多いので要注意です。

事前に断らずにいきなり相手のお皿に手を伸ばすと、育ちが悪いとまで思われてしまうリスクもあります。

相手の食べているものが気になる場合でも「シェアしても抵抗ない?」や「一口もらっても良いかな?」と断るようにしましょう。

「オムライスは平気だけどパスタは無理」のようにこだわりがある人も多いので、できるだけ毎回聞くのがおすすめですよ。
デートの時に彼女の食事マナーをチェックし、その上で今後も付き合うかどうか判断する男性は意外と多いと言われています。彼との将来を考えているのなら、自分の食事マナーも気を付けてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事