2020.04.11

レストランデートで彼からもっと好かれちゃう簡単な方法・4つ

最近付き合い始めた彼氏とのデートって、楽しみでもあるけど緊張もしちゃうよね。気に入ってもらえるかなあ・・・。嫌われないかなあ・・・。こんなふうに心配してる女子って多いんだ。特に初デートとかだったら、なおさらドッキドキだよね。

デートの場所にもいろいろあるけど、今回は彼氏と一緒にレストランへ行ったときのお話し。彼に「おっ、この子やっぱイイ感じだわ」と思わせるためのコツを教えちゃうよ。
彼氏には愛想がいいのに、彼氏以外の人には冷たいっていう女子がいる。そういう彼女の姿を見ちゃうと、彼氏はゲンメツしちゃうんだ。男子からすれば、「自分に見せてるのとはちがう裏の顔がありそう」って思うからね。

レストランの店員さんみたいに、こちらに逆らえない立場の人に偉そうにするのは特にNG。「お金払ってるんだから何してもいいでしょ」っていう人は男女関係なくいやな感じだもんね。こびを売る必要なんてなくて、店員さんにも他の人と同じように普通に接していればオッケー。
レストランのテーブルやカウンターの上には、おはしとか調味料が置いてあるよね。彼が使うおはしをあなたが取ってあげると「気がきくイイ子じゃん」って思われるよ。取ったおはしは相手の前に置くんじゃなくて、手渡しするほうがいいね。

そして、自分の分を取る前に彼の分を取ってあげよう。自分の分だけ取って一人で先に食べ始めちゃうのはいけないよ。彼だっておなかがすいてるのに、まだ料理が来なくてガマンしてるんだから。それに、二人で一緒に食べたほうが楽しいもんね。
和食に洋食、中華などなど、いろんな料理があるけれど、全部が全部おいしいわけじゃないよね。同じお店でもおいしいのがあったりまずいのがあったりするし。もしお料理が微妙だったら、それはとっても残念なこと。

だけど、美味しくないからといって「なんか変な味ー。おいしくないね」とかって大声で言っちゃダメ。店員さんがかわいそうだし、もしかしたらほかのお客さんはおいしいと思ってるかもしれない。そういう周りの人たちの気持ちにも配慮することができる女子は男子から喜ばれるよ。
「デートのお金は男子に全部出してほしい」って思うのはオッケー。でもその思いを口には出さないようにしようね。その代わり、自分のお財布を出そう。お財布の中のお金は出さなくていいから、お財布だけ出してみよう。彼氏はもともと自分が全部払うつもりだったとしても、それを彼女が当たり前みたいに思ってたらイヤな気がしちゃうからね。

「私も払うつもりだったよ」っていうアピールのために、形だけでいいからお財布を出すしぐさをすれば、彼氏は気分よく二人のお金を払ってくれるよ。
せっかく付き合うことになったんだから、なるべく彼とは仲良くなりたいものだよね。だけど、ムリして自分をいい風に見せようとがんばりすぎると疲れちゃう。できたら自然な感じで素の自分を出していけたらいいね。

ってことは、素の自分をよくすればいいってこと。普段の素のときから自然に周りに気づかいができるようになったら、彼氏とのデートのときに素の自分を出しても嫌われないし、むしろどんどん好かれちゃうよ。

(羽林由鶴/ハウコレ)

関連記事