2022.05.05

本命男性に対して上手くいった【告白の成功例】って?

恋というものは常にしているもので、生活とも切っても切り離せないものです。
しかし、男性のことを好きになったとしても、相手が振り向いてくれない場合、自分から告白する必要も出てきますね。

とはいえ、どうしたら良いのか自信のない人は多いことでしょう。
そこで、今回は本命男性に対して上手くいった告白の成功例とは?などの情報をみていくことにします。
最近は通信機器などの発達で、男女共に告白というとLINEやメールなどするという人が増えてきます。
もう一歩踏み込んだ告白でも電話が精いっぱいというケースがほとんどです。

ですが、LINEやメール、電話などでは表情も伝わりませんし、本気度は実に薄いものになります。
また、ジョークかもと相手が思ってしまう可能性も高いといえます。

更に、こうしたツールで告白すると、告白もしやすいですが、同時に断ることも簡単だといえ、あまり良い方法とはいえないのです。

やはり告白は、実際に会ってすることがマストで、そうした方が真剣さもより伝わりますし、相手も答えをかなり真剣に考えてくれるものです。
しかも、上手く交際に至った後も、実際に会って告白した方が良い関係が続くケースが多いのです。
当たり前の話なのですが、成功しやすい告白の方法はストレートに伝えることです。
回りくどい言い方をしても、時として伝わらない場合も考えられますので、遠回しには言わず、とにかくストレートに「好きです」「付き合って下さい」というのがベストです。

告白の時には、恥ずかしいでしょうが相手の目をシッカリみましょう。
女性からこれほどの告白を受ければそうそう簡単には断れないはず。

もちろん相手のあることですので、100%上手くいくわけではありませんが、誤解されることなくちゃんと気持ちが伝わるので、成功しても失敗に終わっても悔いは残らないでしょう。
好きな男性に告白する場合、ストレートに告白するのも良いですが、少しひねった告白も彼の心に残ります。

例えば、気になっている男性と恋愛話などになった際、「私の好きな人は営業部の友人だよ」「私の好きな人は法学部の友人」と言ってみましょう。

彼が「営業部に友達いるの?」「法学部に友達いたっけ」などと聞かれたら「1人だけだよ」と返します。
この場合、彼が営業部だったり、法学部であれば遠回しな言い方ですが、思いを伝えることが出来ます。

少しひねった告白になりますが、彼は話の出だしにまさか自分のことだとは思っていないので、落として上げる告白はかなり功を奏すでしょう。
この告白方法は、相手の男性と何らかの関係を持っている前提が必要です。
LINEなどで連絡をとっていたり、2人きりではなくても出かけたりする間柄であるということです。

それなりに、親しい関係性を保っている状況で、「このままの関係でいいんですか?」「私たち、進展しますか?」などと聞いてみましょう。

告白というよりも男性を促す感じにはなりますが、少なくとも男性は2人の関係性の進展を考えるようになりますので、変化球ではあるのですが効果的ではあります。
少しでもあなたに気がある場合は、この告白で十分次の関係性へと進むことが出来ます。
今回は本命男性に対して上手くいった告白の成功例とは?などの情報をみてきました。
男性であっても、女性であっても、好きな異性に告白するということは勇気のいることです。

また、告白に慣れているという人はいませんので、どうやって告白するのが一番良い方法なのかも分からないものです。

更に言うと、告白しようとしている時の2人の関係性によっても、一番効果的な告白方法は変わってきます。
相手との関係性も上手に利用して、告白の成功確率を上げるようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事