2022.05.20

ちょっとムリだわ...男性がドン引きする【追いLINE】3選!

好きな男性にLINEを送っても返事がないと、どうしているのか気になってしまいますよね。「どうしたの?」や「返事ほしいなぁ」なんて、彼の返事を待たずに送る、いわゆる追いLINEを送っている人もいるのではないでしょうか?

ですが、追いLINEを苦手とする男性は多いので、追いLINEの内容によってはウザがられるだけではなくドン引きされてしまうこともあるようです。

今回は、どんな追いLINEがおすすめできないのか、特にNGな3種類を見ていきましょう。
当てはまるものがあったら要注意です!
スルーされると時間が長く感じてしまいますが、だからといってすぐに返事を請求するような追いLINEを送ると、男性も「いや、俺そこまでスマホに張り付いてないから!」とか「あなたの優先度、そこまで正直高くないから」と思ってしまうでしょう。

特に、未読になってから数分くらいで「どうしたの?」なんて追いLINEをすると「いや、ストーカーかよ!」なんて思われてしまうこともあるようです。
いくら重要ですぐに返事がほしいと思っているLINEでも、男性にも生活リズムがあるためスマホ自体を見ていないこともあるでしょう。たとえば男性の仕事中や、深夜に追いLINEを送ると「その時間に返信できないのを責める人とか無理」と思われても文句は言えません。

お互いに夜勤もあるシフト制の場合はLINEを送るタイミングも難しいですが、それを理解した上でめちゃくちゃな時間に追いLINEをしないように気を付けましょう。
そもそも未読スルーをするのも既読スルーをするのも、男性の自由です。
追いLINEは「返事しなさいよ!」という催促ではなく「できれば返事をくれると嬉しいなぁ」くらいの気持ちで送る方が良いでしょう。

それにも関わらず、彼に対して「どうして返事くれないの!?」や「ちょっと!待ってるんだけど!?」といきなりキレたテンションで追いLINEをすると、男性も戸惑ってしまうでしょう。返事が待ち遠しくても、怒るのは絶対にNGですよ。
ここで紹介した3種類の追いLINEはもちろん、基本的には追いLINEは全男性から評判の悪い行為です。どうしても返事がほしい用件の時を除き、基本的には追いLINEは送らないほうが良いかもしれませんね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事