2022.05.28

どう切り出すべき...?上手に別れ話をするための4つのコツ

はじまりがあれば終わりがあるもの。好きで付き合った恋人同士でも、さまざまな理由で別れを選ぶこともあるでしょう。ですが、別れ話をするのは告白する時以上にエネルギーを使うものですよね。何と言えばいいのか迷ってしまう人も多いことでしょう。

そこで今回は、上手に別れ話をするコツを4つご紹介していきます。
二人の間にマンネリ気味の空気が漂っていたとしても、ある日いきなり別れ話をすれば相手はびっくりしてしまうもの。「絶対に別れたくない」と言われる可能性が高くなってしまいます。

だからこそ、別れ話をする前にあらかじめ、別れを匂わせるような態度や仕草をとっておきましょう。連絡の頻度を少しずつ減らしていくのもおすすめです。
できれば会って別れ話をするのが一番ですが、「会って直接別れ話をするのが嫌だ」という場合には、電話を使うのもひとつの方法。あらかじめ「話したいことがあるから電話をかけたい」とそれとなく別れを匂わせつつ、電話をすることを伝えておきましょう。
別れ話をするのは緊張するものですよね。どぎまぎしていると伝えたいことをきちんと伝えられず、上手に別れ話ができなくなってしまいます。このようなことを防ぐためにも、あらかじめ何を話すのかをきちんとまとめておきましょう。一人で別れ話の予行練習をするのもおすすめです。
どのように別れ話をすればいいのか迷ったときは、普段のような話し方ではなく、敬語で丁寧に話すようにしてみてください。敬語を使うことで相手との距離感を演出することができますし、それによって相手は「もう自分から心が離れていってしまったのだな」と気づくことができます。
どうせ別れ話をしなければならないのならば、できるだけ相手を傷つけずに上手に別れ話をしたいものですよね。そのためには感情的になってしまってはダメです。また、相手がすんなりと別れに応じてくれるように、別れ話をする前からしばらくの間そっけない態度をとったりして、別れを匂わせておくのも効果的です。(もんもーる/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事