2022.06.06

好感度爆上がり?【顔見知り程度の男性】の心を掴むアプローチって?

オフィスのエレベーターで毎日見かけるけど名前が分からない人や、行きつけのカフェの店員さんで挨拶くらいしかできない人など、あまり接点はないけれど、なんとなく気になる人っていますよね。

接点がない場合、「自分には無理だ」と恋心を封印してしまう人が多いですが、決して諦める必要はありません。

むしろ、どうせ諦めるのなら玉砕覚悟でアプローチをする方が気持ちもスッキリするでしょう。

今回のコラムでは、そのように相手から顔くらいしか認識されていないような関係性でもできるアプローチを3つ紹介していきます。
まずは、自分から挨拶をして相手にしっかり自分の存在を認識してもらうようにしましょう。

単なる顔見知りで終わらないためには、相手としっかり目を合わせて「おはようございます!」や「お疲れさまです!」と挨拶をすることが重要です。

そうすれば「なんとなく一緒の空間にいる人」を卒業して「挨拶をする知り合い」レベルにランクアップできるでしょう。
相手と目が合っても、人が多かったり、距離があったりして話せないこともありますよね。

そんな時はせめて、笑顔でアピールしましょう。相手と目が合った時にニッコリ笑ったり、小さく手を振ったりするのがおすすめです。

「周りの人とは違う特別な存在」ということをアピールすることで、相手をドキドキさせることができますよ。
単に挨拶を交わすだけでは、なかなか効果的なアプローチだとは言えません。しっかりアプローチをするのなら、自分からLINEの連絡先を渡して好意があることをアピールしましょう。

連絡先を交換すれば、デートにも誘えますし、相手の趣味などを知ることもできます。
「親しい顔見知り」から「ちょっと自分を意識している異性の友人」を目指して、勇気を出して連絡先を渡してみてくださいね。
相手がどんな人か分からないけどなんとなく惹かれるというケースでは、とにかく動くことが大切です。

「もしかしたら既婚者かも」とか「好きな人がいるかも」なんて、どんなに悩んでも分かることではありません。

少しでも自分を好きになってもらう可能性を上げるためにも、どんどん積極的にアプローチしていきましょう!(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事