2022.06.22 更新

それ、浮気でしょ!彼女がいるのに【女友達と2人で飲む】男性の心理

浮気の定義は人によって違いますが、異性の友達とふたりきりで飲みに行くのは浮気を疑うという人も多いでしょう。

しかし、彼女に対して「男とふたりで飲まないでね!」なんて束縛をしつつ、自分は女友達と飲みに行くなんて行動をする人も多いようです。

では、なんで彼女のことは束縛するのに、自分は女友達とふたり飲みをする男性が多いのでしょうか。飲みに行く男性の心理を解説していきます。
誰にでも、恋人に言えない愚痴ってありますよね。
些細な愚痴すぎて言いづらいこともあれば、恋人本人に対する不満なんて絶対に言えないはず。

そういう愚痴を聞き、女性目線でアドバイスしてほしくて女友達と飲みに行く男性は多いようです。愚痴だからこそ、シラフで伝えるのは恥ずかしく感じてしまい、飲み会を開いてしまうこともあるみたいですよ。
「俺たちはお互いに友達だから浮気なんてあり得ない」と考えて飲みに行く男性もいます。

「男性のほうが力が強いから、無理に何かされる心配もない」と断言して自分だけが行くのです。一方、彼女が男友達とふたりで飲みに行こうとすると「力づくで何かされたら逃げられないんだからやめてほしい」と言ってしまうようです。
実際、彼女に嫉妬させるために女友達を当て馬にしようとする男性もいます。嫉妬させたいからこそ、あえて彼女に対して「〇〇ちゃんとふたりで飲みに行く」と宣言するのです。

また、嫉妬させたいだけではなく「あわよくば浮気しちゃおうかな」なんて不謹慎なことを考えている男性もいます。

このタイプの男性が飲みに行こうとしているなら、彼女としてちょっと危機感を抱いたほうが良いかもしれませんね。
友達との付き合い方も浮気の基準も人によって違いますが、やはり世間一般的に見て怪しまれる距離感の男女は、一線を越えやすいと言われています。

自分の彼氏が女友達と親しすぎるタイプの男性なら、万が一のことがないように注意したほうが良いかもしれませんよ。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事