2022.06.28

【血液型×兄弟構成】最後は別れる運命!「相性が最悪カップル」TOP6<後半>

相性の良い相手は意識こそしても、相性の悪い組み合わせとなると考えたくもないものではないでしょうか?
ですが相性の悪さを知ることで克服できることがあるかもしれませんよ?

そこで今回は、血液型と兄弟構成を掛け合わせた「相性が最悪カップル」TOP6を、後半は1位〜3位としてご紹介します!
A型の真面目な特性が、相手の隙を見逃さないというところで働く二人です。
どちらも末っ子同士で、わがままで甘え上手。
どのように自分の言い分を実行してもらおうか虎視眈々と狙っているところがあります。

しかし、どちらも同じことを考えているため隙を見つけられません。
思い通りにならない相手にやがてどちらもストレスを溜めて喧嘩をしてしまいます。
喧嘩が絶えずにやもなく別れるということが多い組み合わせとなりそうです。
上を見ているだけにこずるいところのある二人です。
しかし末っ子の彼はさらに上手と言えるでしょう。
A型の彼は細かい性分もあり、誰よりもわがままで甘え上手。

自分の思い通りにことが進むよう普段の行動から伏線をはる天才なので、まんまと彼のペースに持って行かれて歯がゆい思いをしそうです。
そんな彼にはO型のおおらかさも通用しなさそう…。交際しても長く持たないカップルとなってしまいそうです。
第1位は、B型次女×AB型次男の二人。

システマチックなB型と宇宙人的な思考のAB型の個性を持つ中間子同士の組み合わせです。出会った当初は一目惚れに近い衝動で一気に距離が縮まりますが、関係を継続するごとに、お互いの考え方が自分寄りに変化がないと感じる部分があるでしょう。

見切りの早い中間子なので急激に気持ちが冷めていきます。電光石火で交際を始め、その勢いでさっと別れてしまう組み合わせとなりそうです。

(紗莉紗もも/占い師)
(ハウコレ編集部)

関連記事