2022.07.05

彼氏が喜んじゃう♡ハグのおねだりから終わりまでのオススメの流れ3選

ハグテクやハグの仕草は知っていても、どういった流れで試せば良いのか分からないケースが多いです。そこで本記事では、彼氏が悶絶するハグの流れをご紹介します。

どの方法も男性が胸キュンしやすいものばかり。取り入れやすい方法ばかりなので、次のハグから試せるでしょう。
最初におすすめするのが、ご褒美ハグのおねだりをしてから「もうちょっと」と長時間彼氏を求める方法です。具体的な流れの例を、以下にまとめました。

1.「今日は仕事大変だから、帰ってきたらハグしてくれる?」とおねだり
2.仕事から帰宅後に入浴などを済ませる
3.「疲れた〜朝の約束覚えてる?癒やしてほしい」と自然な流れでハグタイム
4.彼氏がハグをやめようとしても「あと1分だけ」とくっつく

彼氏の様子を見ながら、キスを求めても良いでしょう。いつも甘えない人でも、ご褒美という名目なので甘えやすいはず。無条件ではなく条件があるので、恥ずかしさも少なく誰でも使いやすい流れです。
ベッドなどで膝枕をお願いしてラブラブした後に、ハグを求める方法です。具体的な流れを、以下にまとめました。

1.膝枕をしてもらう
2.しばらく膝枕を堪能した後、両手を広げてハグを求める
3.男性に前傾姿勢になってもらいハグをする
4.そのまま男性の身体を少しリードして寝ハグへと移行

寝ながらハグに持って行ければ、いつもよりも密着度が高いハグになります。また女性にリードされるように寝させられると、男性も胸キュンすること間違いなし。寝る前などのリラックスタイムにお使いください。
「ハグしよ?」と改まって聞いてから、ちょっとの時間のハグで終わる、少し意地悪なハグの仕方です。やり方は以下。

1.改まって「ハグしよ?」とお願いする
2.ちょっとだけギュッとしてすぐ離れる

男性が少し物足りなそうな顔をしたら、「冗談だよ」といってハグし直すのもアリ。普通のハグよりも言葉のコミュニケーションがとれる方法なので、ぜひ使ってみてくださいね。

普段から眺めのハグをしている人にもうってつけ。
ハグの流れを考えて実践するだけで、普段の数倍のラブラブ感を楽しめます。本記事を参考にしながら、試してみてくださいね。(笹原ゆゆ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事