2022.07.18

後悔しないために!【略奪愛】をした後の注意点3つ!

「彼女持ちの男性」や「妻子持ちの男性」は、基本的に「好きになってはいけない相手」ですよね。ですが、好きになってから相手に彼女や妻子がいることが分かると、気持ちが止められないこともあるでしょう。

そんな時、略奪愛に挑戦する人もいるのではないでしょうか。
とはいえ、意外とした後で後悔するのが略奪愛です。

では、略奪愛をした後、後悔しないためにはどのような注意点を覚えておくのが良いか見てみましょう。
まずは、本当に目の前の男性を好きなのかどうか確かめてみましょう。「他の女性のものだから魅力的に見える」や「ちょっと良いという気持ちが一時のテンションで盛り上がっているだけ」ということもあるでしょう。

そんなノリで略奪愛をすると、手に入れた後も幸せになれません。
自分の気持ちに向き合って、じっくり考えてみましょう。
そもそも、略奪愛に応じる男性は不誠実な人が多いはず。付き合ってからも自分が浮気されてしまい、苦しむことになりかねません。

「彼だけは違う!」と思っても、裏切られることが多いのが略奪愛の結末です。本当に相手を信じられるのか、自分と付き合った後は浮気なんてせずに一途に愛してくれる男性なのか、冷静な目で見極めてくださいね。
略奪愛を肯定してくれる人は、それほど多くありません。自分の友達や家族に責められて絶縁されることもあるでしょう。職場で「あの人は略奪したんだって」と噂になることもあれば、仲が良かった友達が離れていくケースもあります。

そんな辛い状況に陥ってしまっても「彼と付き合えるならそれだけで幸せ!」と言えるほどの気持ちなのかどうか、しっかり考えてくださいね。
普通の恋愛とは違い、少なくとも一人の女性を傷つけることが確定している略奪愛は覚悟が必要です。

男性のことを「好き」という気持ちがあっても、その覚悟と釣り合うのか、本当に今の環境が変わってしまっても後悔しないくらい略奪愛じゃないとダメなのか、じっくり考えて覚悟を決めてくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事