2022.08.10

大丈夫?【遠距離カップル】が気持ちを失くす理由って?

遠距離恋愛ってスタートした瞬間は「何があっても大丈夫!」「絶対に別れない!」と思えるのに、そんなに長く付き合ってない時期に別れるカップルも多いですよね。「好きだったけど今は分からない」「あれ?本当に好きなのかな?」と思うこともあるでしょう。

もしお互いに近くにいれたなら結果は違ったかもしれないですよね。今回は、なぜ遠距離カップルは好きな気持ちを失いやすいのかについて紹介したいと思います。
遠距離恋愛は、スマホがある時代とは言え、なかなか会うことができないため寂しい思いをするものです。それを分かっていて付き合ってはいるものの、予想以上に寂しい気持ちになるでしょう。

寂しくて寂しくて、気づいたら「近くにいてくれる人がいい」と思うようになるみたいです。それをきっかけに好きな気持ちも薄らいでいくのでしょう。会わないと維持できない気持ちもありますよね。
遠距離恋愛をしていると、相手のことを信じなければ付き合いがスムーズにいきません。最初は信じれたり、会った直後は信じれたりするものの、離れたらまた信じることができなくなることもあるでしょう。

信じることができないとお互いに辛い気持ちで付き合うことになりますね。そうやって付き合うことで、早々に気持ちもなくなっていくようです。
遠距離恋愛は恋人がいるものの、ある意味自由なところもありますよね。ちょっと遊んでも、言わなければバレないことも多いでしょう。そのため、違う人を好きになることもあるのです。

新たに好きになった人が近くにいる人なら、どんどんその人に気持ちが移っていくでしょう。遠距離恋愛をスタートしてすぐでも、好きな人ができたら恋人への気持ちはなくなるものです。
遠距離恋愛をしていると、会わないから付き合っている気がしないと感じる人もいるようです。そのため、だんだんと好きか分からなくなることもあるみたいですね。

ドキドキしたり胸キュンしたりなどの現象も会わないから少ないのかもしれません。「付き合ってるの?」とつい突っ込みたくなるほどあっさりした付き合いをそもそもしている可能性もあるでしょう。
好きという気持ちだけで続けることができそうな遠距離恋愛ですが、やはりいろんな覚悟が必要です。しっかり考えて遠距離恋愛はスタートさせたほうがいいですね!(みいな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事