2022.09.01

思春期ニキビ予防に!10代向けの人気化粧水おすすめランキング全15選【男子用も】

思春期にできるニキビをきっかけに、美容に対して興味を持ち始めた人も多いはず。ニキビ予防にあたって、まずは自分に合った化粧水を選ぶことから始めてみませんか?本記事では10代向けの化粧水の選び方、10代に人気のおすすめ商品をランキング形式でご紹介します。学生の女子・男子は必見です!

10代の思春期ニキビ対策は「化粧水選び」から!
小学校高学年から中学生でニキビがぽつぽつとでき始める人は多いものです。10代になると発生するニキビは「思春期ニキビ」と呼ばれます。12歳から18歳くらいの時期は男性ホルモンが多くなり、脂性肌になりやすくなるため、ニキビの原因であるアクネ菌の温床となってしまうのです。

思春期ニキビを予防するには、自分の肌質に合った化粧品選びが大切です。しかし、10代では「自分がどんな肌質タイプなのか分からない」「そもそも美容に気を使ったことがない」などのお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、思春期ニキビを予防できる化粧水の選び方やおすすめ商品を、10代向けにご紹介します。女子だけでなく男子向けの商品も掲載しているので、ぜひ最後までご覧いただき、化粧水選びの参考にしてくださいね。
オルビス株式会社

オルビス クリアフル トライアルセット


【5種類の和漢植物エキス(*1)でニキビを予防】
有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウム、保湿および整肌成分としてハトムギエキス、紫根エキス、ヨモギエキス、アロエエキスを配合。5種類の和漢植物エキスが、乾燥肌・敏感肌を外部刺激から守ります。

【特殊カプセルで毛穴からアプローチ(*2)】
独自に開発されたナノVCショットカプセルが、5種の整肌成分:ビタミンC誘導体、ビタミンE、イノシット(ビタミンB様成分)、フィチン酸、ユズセラミドを肌の角質層まで届けます。

【公式サイト限定!ふわふわ抗菌タオル付き】
公式サイトから初回購入者限定トライアルセットを申し込むと、限定特典として「今治製ふわふわ抗菌タオル」のキャンペーンを行なっています。抗菌防臭のW効果(*3)で、毎日の肌ケアをサポートしてくれます。
クリアフル トライアルセットを通販サイトで見る

冒頭でも少し記述しましたが、思春期ニキビの主な原因は男性ホルモンの増加です。12歳から18歳にかけて、生殖機能の成長に伴いホルモンバランスが不安定になる時期が訪れます。
男性ホルモンが優位になると、肌の皮脂分泌が過剰になり、ニキビを作るアクネ菌が繁殖しやすい環境になります。その結果、大量の皮脂が毛穴詰まりを引き起こし、角栓画でキャスクなり、炎症を起こすとニキビになります。

思春期ニキビができ始める10代では、まだ化粧品に触れたことがない方も少なくないでしょう。そこで、10代向けの自分に合った化粧水の選び方を解説します。

肌質で選ぶ

人の肌質には、大きく分けて「脂性肌」「混合肌」「乾燥肌」「敏感肌」「普通肌」の5タイプがあります。それぞれの特徴や最適な化粧水タイプをみていきましょう。

・ニキビが気になるなら「ニキビ対策用」
10代の思春期ニキビは、特に脂性肌や混合肌の人に発生しやすい傾向にあります。額や鼻、頬などのニキビが気になる場合は、ニキビ対策用と書かれているか、アクネ菌への効果の期待がうたわれている薬用化粧水を選ぶのがおすすめです。
ニキビ対策用化粧水は、肌表面の油分バランスを整え、ニキビができにくい環境を保ってくれます。また、ノンコメドジェニックテスト済み*の化粧水もおすすめです。
* 全ての方にコメド(ニキビのもと)が発生しないということではありません

・カサつきが気になるなら「乾燥肌向け」
顔のTゾーンも含めて全体的に肌が乾燥している方は、保湿効果の高い乾燥肌向けの化粧水がおすすめです。保湿ケアを怠っていると、乾燥によるダメージが蓄積し、大人になってからシミやシワができてしまう可能性もあります。
また混合肌の場合も、乾燥肌用の化粧水を持っていれば肌の状態に合わせて対応できます。特に、洗顔後の肌は乾燥しやすいため、洗顔後すぐに最低でも化粧水による保湿ケアを心がけるようにしましょう。

・刺激が気になるなら「敏感肌向け」
敏感肌やアレルギー体質の場合、化粧水の含有成分によっては使用後にぴりぴりしたり、肌が荒れたりする可能性があります。そのような敏感肌の方は、低刺激処方の敏感肌向け化粧水やアレルギーテスト済み*のものを選びましょう。
アルコールフリーやパラベンフリーなどの、なるべく合成添加物を使わずに作られている化粧水がおすすめです。
* 全ての方にアレルギーが起こらないということではありません

・目立ったトラブルが少ないなら「普通肌向け」
特に乾燥もベタつきも気にならない場合は、普通肌に当てはまります。しかし、若いうちは普通肌の方でも「年齢を重ねるうちに肌質の変化を感じた」という人は少なくありません。
普通肌の場合でも、うるおいをキープするために毎日のフェイスケアが重要となります。したがって、コスパ面や肌へのやさしさを重視している化粧水がおすすめです。

価格で選ぶ

・学生なら気軽に買える「プチプラ」がおすすめ
学生の方の場合、「美容にお金をかけにくい」と悩む方も多いのではないでしょうか。プチプラコスメなら1,000円以下で購入できる商品が多く、お小遣いでも購入しやすいのがメリットです。また、ドラッグストアなどで気軽に購入できるという特徴もあります。
また、ダイソーを始めとする100均にも優秀な化粧水は数多く存在します。なるべくコストを抑えたい場合は、100均化粧水などのプチプラコスメの中から、成分や口コミを参考に選ぶのも方法のひとつです。

人気ブランドで選ぶ

10代のうちは、人気ブランドの中から選ぶのもおすすめです。10代に人気がある化粧品ブランドの代表例は「明色化粧品」「肌ラボ」「ナチュリエ」などが挙げられます。
これらのブランドには10代にありがちな肌悩みにぴったりの化粧水が多く、コスパ面もかなり良心的です。気になるブランド品をいくつか試してみて、好みの化粧水を探しましょう。
アールエムケー(RMK)

RMK グローミスト N


ミストスプレー型の化粧水で、シュッと吹きかけた瞬間香りとともに肌へうるおいを届けます。外出先ではもちろん、ファンデーション後の仕上げとしてもおすすめです。
香りのバリエーションは、ほのかな甘さとほろ苦さが香る「ネロリ」、甘酸っぱくてジューシーな「カシス」、爽やかな柑橘系「シトラス」の3種類があります。
RMK グローミスト Nを通販サイトで見る

DHC

DHC 薬用マイルドローションM


脂性肌、乾燥肌、敏感肌、混合肌それぞれの原因に注目して作られた化粧水です。優れた収れん作用により、過剰な皮脂分泌を抑止サポートをしてくれます。
素肌と同じ弱酸性処方で、肌にやさしいのも薬用マイルドローションの特徴です。ベタつかず無香料でクセがないため、広く長く愛用され続けている商品です。
DHC 薬用マイルドローションMを通販サイトで見る

無印良品

無印良品 化粧水 敏感肌用 さっぱりタイプ 400ml


素肌に近い弱酸性の敏感肌用化粧水です。基盤となる水には、岩手県釜石の大峰山で採れた天然水を使用しています。
保湿成分としてリピジュアR、整肌成分としてスベリヒユエキス、グレープフルーツ種子エキスが含まれています。天然由来にこだわり合成添加物も少ないのも特徴です。肌への刺激が気になる方におすすめです。
化粧水 敏感肌用 さっぱりタイプを通販サイトで見る

クレアラシル

薬用 パウダーローション


思春期ニキビの悩みを解決をサポートし、数多くの商品を開発したクレアラシルの化粧水。ニキビの原因となるアクネ菌を対象とした殺菌成分「サリチル酸」を配合した医薬部外品です。
保湿成分には天然由来のアロエエキス、ハマメリスエキス、ローズマリーエキスを採用しています。ミネラルパウダーが入っているため、うるおいながらもサラッとした仕上がりになっています。
薬用 パウダーローションを通販サイトで見る

DHC(ディー・エイチ・シー)

DHC 薬用アクネコントロール フレッシュ ローション


思春期ニキビができやすい脂性肌にアプローチ
DHCより発売されている「薬用アクネコントロールシリーズ」の化粧水です。殺菌・角質軟化作用が認められている有効成分「サリチル酸」によってアクネ菌の増殖を抑え、思春期ニキビを予防します。
薬用アクネコントロールのシリーズ商品では洗顔料、乳液、ニキビ治療薬も存在します。思春期ニキビを予防したい方は、一式で使用することをおすすめします。
DHC 薬用アクネコントロール フレッシュ ローションを通販サイトで見る

小林製薬

オードムーゲ 薬用ローション 500ml


医薬品も販売している小林製薬の薬用ローションです。500mlの大容量で、顔だけでなく全身に使用できます。サラッとしたテクスチャのため、脂性肌やTゾーンが気になる混合肌の方におすすめです。
オードムーゲシリーズとして展開されており、派生品に「薬用保湿化粧水」もあります。「保湿感が物足りないかも…」という方は、そちらも検討してみて下さい。
オードムーゲ 薬用ローションを通販サイトで見る

ちふれホールディングス株式会社

ちふれ 化粧水 とてもしっとりタイプ


夏場でも乾燥に悩まされるほどの、超乾燥肌さんにおすすめできる化粧水。保湿力がとても高く、化粧水というよりも乳液に近いとろっとしたテクスチャです。
濃厚なテクスチャは、保湿成分として含まれるヒアルロン酸、トレハロースによるもの。普通肌の方であれば、乳液を使わずに1本で完結できるのも特徴です。
化粧水 とてもしっとりタイプを通販サイトで見る

菊正宗

菊正宗 日本酒の化粧水


まだ化粧水が存在しない頃、保湿剤として日本酒が用いられていたことから生まれた商品。初代の発売から6年が経過し、リニューアルを経て今もなお多くのユーザーに使い続けられている化粧水です。
純米吟醸酒1升分のアミノ酸(保湿成分)に加え、美白有効*成分として認められているアルブチンも含まれています。乾燥肌の方は、乾燥肌の方向けの高保湿タイプもあるため、そちらもチェックしてみて下さい。
日本酒の化粧水を通販サイトで見る

ナチュリエ

ナチュリエ ハトムギ化粧水


ナチュリエのハトムギ化粧水は、500mlと大容量でありながら1,000円未満というコスパの良さが特徴です。美容雑誌や口コミサイトでも、数多くのベストコスメを受賞しています。
ハトムギエキスやグリチルリチン酸2Kが含まれており、ニキビや紫外線で荒れた肌を整えてくれます。さっぱりとしたテクスチャでありながら、重ねづけをすることでベタつかずうるおいたっぷりの肌に導いてくれるため、夏場にもおすすめです。
ハトムギ化粧水を通販サイトで見る

オルビス株式会社

オルビス クリアフル トライアルセット


【5種類の和漢植物エキス(*1)でニキビを予防】
有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウム、保湿および整肌成分としてハトムギエキス、紫根エキス、ヨモギエキス、アロエエキスを配合。5種類の和漢植物エキスが、乾燥肌・敏感肌を外部刺激から守ります。
【特殊カプセルで毛穴からアプローチ(*2)】
独自に開発されたナノVCショットカプセルが、5種の整肌成分:ビタミンC誘導体、ビタミンE、イノシット(ビタミンB様成分)、フィチン酸、ユズセラミドを肌の角質層まで届けます。
-
クリアフル トライアルセットを通販サイトで見る
ファンケル

ファンケル アクネケア 化粧液


有効成分として「グリチルリチン酸2K」を配合しており、男女問わずおすすめできるファンケル発の化粧水。さっぱりとした使用感で、思春期ニキビができやすい脂性肌の方におすすめです。外部刺激によるストレスでダメージを受けた肌をなめらかに整えます。
アクネケア 化粧液を通販サイトで見る

EVERSKIN

EVERSKIN オールインワンスキンローション


メンズ化粧品ブランド「EVERSKIN」のオールインワンローション。どの肌タイプにも対応していて、日々のフェイスケアを1本だけで済ませられるのも特徴です。
全身に使えるので、ひげやすね毛などのシェービング処理後、アフターシェービング・アフターケア用としてもお使いいただけます。大人向けに製作された化粧水ですが、10代のオールインワンとしても使用可能です。
オールインワンスキンローションを通販サイトで見る

WHITH WHITE(フィス ホワイト)

フィス ホワイト メンズ 化粧水 120ml


美白ケアに使える化粧水の中でも、かなり良コスパなこちらの商品。肌のターンオーバーを整え、角質層へうるおいを与えながら、紫外線やストレスによるシミ・そばかすを予防をサポートできます。
フィスホワイトは、ライン使いによってさらに美白*ケアができる化粧水です。明るく美しい肌を目指したい方は、ぜひ一式でお試しください。
フィス ホワイト メンズ 化粧水を通販サイトで見る

オルビス株式会社

オルビス ミスター ローション ボトル入り


混合肌になりやすい男性肌を考慮して作られた、ポンプタイプのメンズ専用ジュレローション。洗顔後すぐに使用すれば、ジュレがパシャッと弾けて、肌のすみずみまでスピーティーに浸透*します。
オルビス ミスターはシリーズ化していますが、ローション単体でもしっかりとうるおう設計になっています。「初めてスキンケアに触れる」という方は、これ1本でもOKです。
オルビス ミスター ローションを通販サイトで見る

ロート製薬

肌ラボ 極潤ヒアルロン液


たっぷり使える大容量400mlのポンプ型ローション。4種類のヒアルロン酸*(うるおい成分)配合で、他の成分や容器などはシンプルに洗練されています。
使用者の老若男女を問わないだけでなく、肌や髪の毛まで使用可能。真の意味で"全身"に使える化粧水です。
肌ラボ 極潤ヒアルロン液を通販サイトで見る

ここでは、10代の化粧水でよくある質問をQ&A形式にて解説します。

Q1:洗顔は1日何回が良い?

思春期ニキビを予防するにあたって、洗顔は1日2回が最適といわれています。それ以上は洗いすぎになってしまい、かえって乾燥や刺激の原因となるため控えましょう。
また、1日1回しか洗顔しないという方も多いですが、実はおすすめできません。朝のフェイスケアは、1日活動する際に肌を保護する目的。夜は寝ている間のターンオーバーを整えるために必要なのです。

Q2:化粧水だけで済ませるのはOK?

通常の化粧水は導入液として使われるため、なるべく乳液と一緒に使用するのが理想です。しかし、オールインワンの化粧水であれば、1本だけでも完結する処方になっています。
特に乾燥肌の場合、うるおいを与える化粧水だけではすぐに蒸発してしまうため、乳液で肌を保護することが大切だといわれています。

「思春期ニキビに効く」「脂性肌向け」と書かれた商品は、10代にとって魅力的に映るでしょう。しかし、すべての人に思春期ニキビができるわけではなく、中には10代のうちから乾燥肌で大人ニキビができる人もいます。化粧水を選ぶ際は年代だけでなく、自分の肌タイプも考慮して選んでくださいね。

関連記事