2022.09.24

【状況別】彼氏に「距離を置こう」と言われた時の対処法3選

彼氏から「距離を置こう」と言われたら別れのセリフだと思って悲しくなりますよね。しかし、男性の言う「距離を置く」は一概に別れたいから言っているわけではありません。

早とちりして別れてしまったり、別れると思って彼に冷たい態度をとってしまうと、二度と元の関係に戻れなくなってしまうこともあります。そこで、彼氏から「距離を置こう」と言われた時の対処法について状況別に紹介していきます。
ケンカして彼氏と言い争いになったあとに、「距離を置きたい」と言われることもあるでしょう。ケンカしたから自分のことが嫌になったんだと思うかもしれませんが、これは言葉の通り「いったん離れたい」という意味が大きいです。

別れるという意味ではなく、「冷静になりたいから今は顔を見たくない」ということでしょう。彼女がすごく怒っていて、顔を合わせるとまだ責めてきそう。反対に、自分がまだ怒っているので彼女の顔を見ると冷静になれないといった状態です。

顔を合わせること以外にも連絡もいったんやめて、距離を置きましょう。そうした方が、仲直りしやすくなりますよ。
男性には仕事に集中したい時期がやってくることがあります。このタイミングで頑張らないと昇進のチャンスがなくなる、独立するいい機会など仕事モードにならざるを得ないときがあるのです。

彼はあなたのことが嫌いになったわけではありません。忙しくなるのであなたに構ってあげられないため、距離を置こうとしているのです。

彼氏がこういった理由で距離を置きたがっているのであれば、「彼の仕事が落ち着くまで待つ」と伝えてみると良いでしょう。
別れたいけれどはっきりと「別れよう」とは言い辛いため、距離を置くことで自然消滅を狙う男性もいます。

このパターンの場合、距離を置いてしまうとそのまま音信不通になってしまうなんてことがあります。別れたい気配を感じたのであれば、絶対に受け入れないようにしましょう。

その上で、自分の行動を見直すなどして、彼の別れたい気持ちを無くすように関係を改善してください。
彼がなぜ「距離を置こう」と言ったのかは状況によって変わってきます。彼の本音を読み取って早とちりせずに適切な行動を取るようにしましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事