2022.09.24

誤解されるかも!【草食系女子】がやりがちなNGアプローチ3選

自分からはなかなかアプローチなどの積極的な行動ができないのが草食系女子ですよね。
ですが、そのような草食系女子も、常に受け身なわけではありません。場合によっては勇気を出してアプローチをすることもあるでしょう。

ただし、アプローチに不慣れだからこそ、変なアプローチで良い雰囲気を台無しにしてしまうこともあるんだとか。

では、草食系女子はどのような残念アプローチをしてしまいがちなのでしょうか。
草食系女子にとって、好きな男性を誘うのは一大アプローチですよね。ただし、その場所がわかりやすいデートスポットじゃないと、男性も解釈に迷ってしまいます。

たとえば「遊園地に行こう!」なら男性としてもアプローチに気付いてくれますが、「近くに大きな本屋ができたみたいだから、一緒に行かない?」だと単なる男友達なのか恋愛対象なのかわかりづらいですよね。

せっかく勇気を出して誘うのなら、わかりやすい場所に誘うか「〇〇でデートしない?」のような伝え方をしていきましょう。
普段からアプローチをしない草食系女子の中には、アプローチの加減がわからない人もいます。そのため、いきなり嫉妬や束縛をして「え、そんな関係じゃないよね!?」と男性を驚かせてしまう人も多いんだとか。

付き合う前から嫉妬や束縛を男性に見せると、男性も困惑してしまいます。そういう感情を持ったとしても、男性には気付かれないようにしましょう。
今まで受け身な恋愛ばかりをしてきた女性の場合《誘いやすい雰囲気》を出すことでアプローチをしているつもりになる人もいます。

ですが、それは男性からは「誘ってほしい察してちゃんなの?」と思われてしまうんだとか。結果的に、女性はアプローチをしたつもりでも、男性からは「面倒な女性」としか解釈されないこともあります。

アプローチをするのなら、雰囲気で伝えるのではなく、しっかり自分の言葉で伝えることを意識してくださいね。
なかなか自分の気持ちを言うことができない大人しい草食系女子は、男性から誤解を受けてしまうことも多いと言われています。面倒な人だと思われないよう、言うべきところはしっかり主張していきましょう!(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事