2022.09.24

なかなか言えないけど!彼氏が内心【彼女にして欲しい】コト3選

お付き合いにおいて、男性が女性をリードすることが多いですよね。
デートのお誘いや行き先決め、果てはプロポーズも男性が主体となることがほとんどでしょう。

リードすることを求められることが多い男性ですが、なかには内心負担に感じている人もいるようです。「基本はリードするけれどたまには交代して欲しい」なんて思いを抱えていることも。

そこで今回は、彼氏が内心彼女にして欲しいと思っていることについて紹介します。
デートに誘ってくれて行き先を決めてくれる男性は頼もしいですよね。彼に任せておけば、毎回いい感じのデートができると思っている女性もいるでしょう。

そういった計画が好きで、楽しみながらしてくれる男性もいますが、なかにはデートの予定決めが苦痛になっている男性もいるようです。手持ちのカードがなくなり、毎回頭を悩ませているのが実状ということもあるのです。

たまには彼女が主体となってデートをリードしてあげましょう。
全てを決めなくても、「次は映画に行こう」「イタリアンが食べたい」など方向性を示すだけでも彼の負担は減るでしょう。
どこかへ出かけるとき、遠くても近くても彼氏がずっと運転していることってありますよね。内心では「運転変わるって言ってくれないかな」と思っていることがあるんです。

「変わろうか?」と声をかけても「いいよ」と言われ続けると段々と聞かなくなってきますよね。付き合いたてにそんなやり取りをしたせいで、今さら運転して欲しいなんて言えないことがあるようです。

口数が減ってきたり、運転が荒くなってきた場合疲れていることが多いので、「私運転するよ」と断定口調で伝えてみましょう。
彼女が彼氏に甘えることは多々あるでしょうが、彼氏が彼女に甘えることって比較的少ないですよね。甘えないからと言って、甘えたくないわけではないんです。

疲れたときや悩みがあるときに誰かに甘えたいと思うのは、男女共に同じ。男のプライドが邪魔して、素直に「甘えたい」と言えないだけということが多いです。

彼氏の様子が普段と違うときには、優しく声をかけたり抱きしめてあげるなどして、彼氏が甘えやすい雰囲気作りをしてみましょう。
して欲しいことがあってもプライドが邪魔をして口に出せないことがあります。
彼氏のプライドを壊さないように上手にリードしてあげましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事