2022.09.28

「うわ、冷めるわ...」男性が本命女性からでも言われたくないこととは?

男性からの好意を感じていると、ついつい「調子に乗った」状態になってしまう人もいるのではないでしょうか。他の男性にはしないような高圧的な言い方をしてしまったり、ワガママになってしまったりする人もいるでしょう。「好かれている」という自信があるからこそ、そのような態度をとる人は意外と多いと言われています。

しかし、男性の愛も不変ではありません。いくら本命女性が相手でも、嫌なことを言われたら一気に気持ちが冷めることもあります。では、特にどんな一言で冷めてしまう男性が多いのでしょうか。
男性が努力をしている時、それをからかうような発言は絶対にNGです。「そんなことしても誰も見てないよ」とか「誰もそんなの気にしないって」なんて言われると、男性もイラッとしてしまうでしょう。

そのような無神経なことを言う性格自体に冷めてしまうケースもあります。軽い冗談のつもりでも、男性を怒らせる可能性があるので気を付けてくださいね。
彼の家族や友達の悪口も厳禁です。もちろん、どうしても気の合わない知り合いもいるでしょう。しかし、まだ付き合ってもいないのに「あんな人と友達なんて信じられない」なんて口出しは、明らかに余計なお世話です。

そんなことを言われたら「そういうことを言う人の方が信じられない」と思われるでしょう。特に誰かから聞いた噂だけで批判するのは、絶対にしてはいけないことですよ。
相手が本命女性だからこそ、恋愛面を否定されたくないと考える男性も多いでしょう。「絶対にモテそうにないよね」とか「そのファッション、一緒にいる女性に恥をかかせるよ」なんていう言葉は、男性の心が折れてしまうのも当然です。

「自分の好みを遠回しに伝える」という目的でこういう言い方をしてしまう人もいるようですが、失礼な言い方をして聞き入れてくれる人はいるわけがないことを忘れてはいけません。
いくら好かれているからといって、あまりにもひどいことを言いすぎると、男性が怒るのも当然のことです。自分が本命女性だと思われているからといって油断せずに、最低限のマナーは絶対に忘れない付き合い方をしていきましょう。

(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事