2022.09.29

実際付き合うと重荷に...?面倒な女性に対して男性が抱く本音とは

自分でも「私って面倒な性格かも」って自覚している人も多いのではないでしょうか。しかし、そういう性格ってなかなか自分で直すことは難しいですよね。ちょっとした話し方ぐらいなら改善できても、性格はなかなか直せるものではありません。

では、面倒な女性に対して男性はどのような本音を抱く人が多いのでしょうか。心を許している人相手でもなかなか聞けない本音を紹介していきます。
面倒な女性の中でも、特に察してちゃんの女性っていますよね。自分の言いたいことを言わないのに、相手が自分のイメージ通りに動かないと怒るタイプの女性です。この女性に関しては、ネガティブなイメージを持つ男性も多いんだとか。

「俺はエスパーじゃないから無理!」なんて言いたくなる人も多いみたいですよ。自分の言いたいことはできるだけ口に出すようにしましょう。
喧嘩になった時「そういえばあの時に言いたかったことをガマンしたんだけど!」と過去のことを持ち出して怒る女性もいますよね。そういうことをされると、どうしても困る男性が多いようです。

「正直そんなこと覚えてない」と言いたくなる人も多いでしょう。いくら思い出しても、古い過去の話まで持ち出すのはやめましょう。
自分自身のことを「私は面倒な性格だからごめんね」という態度でいてくれれば、まだ許せるという心の広い男性もいます。ただし、それはあくまで自覚しているから。自覚せず「私みたいに心の広い彼女なんていないよ?」という態度だと、やっぱりイラッとしてしまうんだとか。

性格を変えることは難しくても、彼が自分に合わせてくれているということはしっかり自覚し、それに対してお礼を言えるような感謝の気持ちを持つことが大切かもしれませんね。
面倒な性格だと自覚していても、変えることはなかなか難しいと言われています。それなら、その性格を受け入れてくれるような男性を探すのが良いかもしれません。優しい彼氏を見つけて素敵な恋愛を楽しんでくださいね。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事