2022.09.29

彼氏ともっとラブラブになれる仲直りテク【シチュエーション編】

カップルでケンカをしてしまうことはありますが、それが破局につながってしまうこともあります。「謝れば許してくれる」「反省しているのに彼が話してくれない」などの問題も出てきてしまうものです。

そこで今回は、ケンカをした後の、仲直りの方法「シュチエーション編」を紹介したいと思います。
まず初めに、カップルで多く見られるケンカの後の仲直りステップを紹介したいと思いす。
まず、ケンカで暴言や激しいバトルをしたカップルは、高ぶる気持ちを落ち着かせようとします。ここで、「自分が悪かったかも」「彼女を泣かせてしまった」という罪悪感を感じる人もいれば、「あんなに怒らなければよかった」と後悔してしまう人もいます。

ここでは「仲直りしないといけない!」「謝らないといけない」という気持ちになり仲直りのキッカケを探そうとするのです。
ケンカをした後には謝罪と反省がつきものです。お互い「ごめん」「反省している」という気持ちを伝えて、ここで仲直りが完了します。しかし、ここまでは普通の仲直りです。カップルの場合、プラスすることで更にラブラブに親密になれるのです。
次にいつもの仲直りにプラスするだけで、もっとラブラブになれるシュチエーションを紹介します。
謝って反省したら、今まで甘えることができなかった分甘えてもいいと思います。「ごめんね」と謝った後に、キスしてみることで、更にラブラブになれると思います。キスするときは、恥ずかしがりながらすることで彼もドキドキしてしまうかもしれません。
仲直りが出来ると、感極まって泣いてしまうことがあると思います。泣いている彼女を目の前に、彼はジッとしているわけはありません。泣いてしまったら、たくさん甘えてもいいと思います。彼に抱きついて甘えてみて、「寂しかった」「ごめんね」と素直に謝り寂しかった思いを伝えてみるとよいでしょう。
ケンカをした後は、お互い反省していることをゆっくり話すことが大切です。ケンカの原因になってしまったことや、ケンカをしてしまったことを後悔していたことなどを、ゆっくり話してみましょう。お互い反省していることで、もう2度と同じ原因でケンカをすることを無くすようにしていきましょう。
仲直りをする時の、シュチエーションはお互いに作っていくことが大切になります。より可愛く、より彼をドキドキするようなシュチエーションを考えていきましょう。

(ハウコレ編集部)

関連記事