2022.10.01

喧嘩を通して仲を深める♡【長く付き合う】ためのポイント3つ!

彼のことが大好きなのに、ちょっとしたいさかいで喧嘩に発展すると「別れちゃうかも」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

しかし、喧嘩をしてもそれで別れに直結するわけではありません。喧嘩に対して正しく対処できれば、これからも問題なく付き合えるでしょう。

では、長く付き合っていくために、どういうポイントを意識すれば良いのでしょうか。
喧嘩をしても安心できるようにチェックしておきましょう。
喧嘩の後は気まずくなって彼を避けてしまう人も多いですが、それでは彼とどんどん気まずくなってしまうだけです。
特に自分が悪い場合は早めに謝り、一日でも早く仲直りをしましょう。

そのまま彼と別れても後悔しないのならほとぼりが冷めるまで適当に避けていても良いですが、彼と別れたくないのなら、気まずさを払しょくするための努力をしなければなりません。
彼と仲良く付き合いたいなら、同じ原因での喧嘩は繰り返さないようにしましょう。

たとえば自分の遅刻が原因で喧嘩をしたのに次のデートでも遅刻をすると、彼からは「全く反省していないし、直す気がない」と思われてしまい、彼の気持ちが冷める原因にもなってしまうでしょう。

特に自分が原因で彼のことを怒らせてしまった場合は、同じミスを繰り返さないことで誠実さをアピールするようにしましょう。
喧嘩のときに最も好ましくないのは「本当はあのときに言いたかったんだけど~」と過去の話を蒸し返すことです。特に男性は、そのような言い方を嫌う人が多いのは、あまりにも有名なことですよね。

彼に対して言いたいことがあるならその場で伝えて、喧嘩のときに「本当はあのとき言うのやめたけど」と伝えるのはやめましょう。内容以前に、そのような伝え方にイライラしてしまう男性は決して少なくはありませんよ。
カップル間で喧嘩をすることは、決して悪いことではありません。むしろ喧嘩によって、お互いの価値観がわかっていくこともあるでしょう。

喧嘩することを悪いことだと思わず、自然体のふたりで付き合っていってくださいね♡

(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事