2022.12.08

長続きしない原因は自分!?【短命の恋】ばかりの女性の特徴は? 3位:元カレと比べる、2位:欠点ばかり見てしまう、1位は...?

誰と付き合っても1年もせずに別れる、3か月持てばいいほう、という恋愛をしている女性っていますよね。短命の恋ばかりしているので、長く付き合っているカップルを羨ましく感じることもあるでしょう。

恋が短命なのは、自分自身に原因があるのかもしれません。
もしかしたら、熱しやすく冷めやすいタイプということも。

そこで今回は、「短命の恋ばかりになってしまう女性の特徴」第1位〜3位を紹介します。
心当たりがある女性はぜひ参考にしてください。
彼氏と元カレを比べて「元カレはこうだったのに」と考えてしまうことはありませんか?
この考えも恋を短命で終わらせてしまう原因になります。

元カレと比較しているのは頭の中だけだから、彼氏には伝えていないと思うでしょうが、言葉にしなくても態度には出てしまうもの。彼氏が嫌な気持ちになる、あなたはもっと冷めるという悪循環のループができ上がってしまうのです。

比較してもいいことはありません。
過去の恋愛を持ち出さないことが、今の恋愛を長続きさせるコツですよ。
付き合う前は男性のいいところを見ていたのに、付き合ってからは悪い部分ばかりが目に付いてしまうということはありませんか?悪い部分に目を向けすぎて、気持ちが冷めているのかもしれません。

悪い部分に目が行くようになるのは、彼氏に期待し過ぎているからでしょう。
「彼氏だったらこうしてくれる」という期待が大きくなりすぎると、望んだ通りの結果が得られなかったときに嫌な気持ちになってしまいます。

悪い部分を見逃す必要はありませんが、付き合う前と同じようにいい部分を見るようにしましょう。期待しすぎないのがポイントですよ。
1位は、恋をしていない

恋が短命で終わってしまうのは、そもそも恋をしていないことが原因かも。
「この人の彼女になりたい!」と思って付き合っているのではなく、友達は恋人がいるのに自分はいないからなんて理由で彼氏を作っていませんか?

こんな理由で付き合っても、恋愛中にあるドキドキやワクワクは湧き上がってきません。
そもそも気持ちが燃え上がっていないため、すぐに冷めてしまうのです。
恋を長続きさせるには、まずは自分の気持ちと向き合ってみましょう。
自分の気持ちが分からない間は、恋愛をお休みして休息時間を取るといいですよ。

(illy/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事