2022.11.02

こんな彼女だったらいいな♡風邪を引いた彼が喜ぶ気遣いとは?

彼が風邪を引いた時、看病してあげるチャンスですよね。
ここでしっかり看病をすることで、彼から「女子力高いな♡」や「具合が悪い時、いつもそばにいてほしい」と思われて、彼をますます惚れさせることができるでしょう。

しかし、風邪をひいていつもより余裕がない彼に対して、押しつけがましい看病をすると「人の風邪をイベントの一つくらいに思ってる?」や「ちょっとそばに来ないでほしい」なんてネガティブな印象を抱かれることもあります。

では、どうすれば彼が喜ぶ気遣いができるのでしょうか。
まずは、彼にどのように接してほしいか事前に確認してみましょう。

動くのが辛くて家に来て助けてほしいと感じる男性もいれば、とにかく一人で眠りたいし、足りないものもないから会いに来ないでほしいという男性もいます。

その時の状況や彼の性格、体調によっても彼の判断は異なるので、まずは勝手に動かずにLINEで確認し、彼の判断を待つようにしましょう。
彼から家に来ないでほしいと言われることもあれば、遠恋中で行きたくても行けないこともありますよね。

そんな時は、LINEで「しっかり暖かくしてね」のように、簡単にできる風邪への対処法を彼に伝えましょう。彼がめったに体調を崩さないタイプの場合、そうした豆知識を知らない人も多いので喜んでくれるはずです。

ただし「実家にいる時は梅干をおでこに貼った」や「ネギを首に巻くと良いっていうよね」のように、単なる迷信のような対処法を伝えても彼も困るだけですので気を付けましょう。
彼に「何がほしい?」と聞いても、風邪への対処法を送っても返事がないと、不安になりますよね。ですが、そこで追いLINEをするのは絶対にNG。「寝てるのかな」と放置しておくようにしましょう。

彼の具合が悪いのに「ねぇ、返事がないと動けないんだけど!」や「せっかく教えたのにお礼もないの?」なんて追いLINEをすると、「寝てるの分からない?」や「なんでそんなに思いやりがないの?」と思われても文句は言えません。
彼が体調を崩した時、しっかり看病をすると彼から喜ばれるでしょう。逆に自分本位な振る舞いをすると一気に嫌われる恐れもあります。看病の時は彼が望むように接してあげてくださいね。

(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事