2022.11.24

このままで大丈夫かな?カップルの【倦怠期】の特徴と乗り越え方

なんだか最近彼といてもときめかないし、退屈に感じてしまうなんてことありませんか?
もしかしたらそれって倦怠期かもしれません。

倦怠期を迎えると、そのまま気持ちが冷めてしまい別れるカップルもたくさんいます。倦怠期を乗り越えるにはどうしたらいいのでしょうか。

今回は倦怠期カップルの特徴とともに乗り越える方法を見ていきましょう。
付き合い始めたころは彼の行動にドキドキしたり、一緒にいるときに刺激を感じることができますよね。

でも、2人の関係が安定してくるとそんなトキメキや刺激は感じられなくなります。一緒にいてもつまらないと感じてしまったり、連絡する頻度も減ってしまったり。

お互いに信頼関係ができる時期でもあるのですが、それと同時に気持ちが冷めてしまうこともあります。
彼との関係に刺激が感じられなくなると、なんとなくつまらないと感じたり、冷めてきちゃったりしますよね。

でも、どんなに好きな人でもいつまでも新鮮な気持ちで付き合うのって難しいですよね。
一緒に過ごす時間が増えたら、2人の間に信頼関係も生まれますし、安定感も生まれます。

倦怠期かなと思ったら、彼との刺激を求めるのをやめて一緒にいて癒されるような安心できる関係を目指していきましょう。
彼からの連絡が減ったり、会う回数が減ってしまった時は、そのペースが今の自分たちにベストなんだと思うことも大切です。

いつまでも付き合い始めのように、全力で相手を好きでいるような感情を持ち続けるのは大変なことです。倦怠期というよりも、二人の間に会わなくても大丈夫な信頼関係ができたと思いましょう。

また、どうしても気持ちが冷めてしまっていると感じるときは、彼と一度しっかり話し合ってみることも大切ですよ。お互いに本音で話し合えば、モヤモヤした気持ちも晴れるし、彼の愛を再確認できるきっかけになるかも。
今回は倦怠期カップルの特徴や、乗り越え方について紹介しました。倦怠期っぽくなってくると、「もうだめなのかな」って不安になってしまいますよね。付き合っているうちに慣れはやってくるし、どうしてもそういう時期はきてしまいます。

でも、それをマイナスなものだととらえないことも大切ですよ。お互いに相手がどれだけ大切な存在なのかを確認しあって倦怠期を乗り越えてください。

(elliott / ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事