2022.11.28

【交際するときにすべき心構え】3位:してくれて当たり前と思わない 2位:察してちゃんをやめる 1位は...?

恋愛をしていると、よくないことだとわかっていても彼に期待してしまうことってありますよね。寂しい気持ちに気づいてほしいとか、記念日くらい覚えていてほしいとか......。

でも、彼の気持ちは思うようにはならず、イライラしてしまったり、悲しくなってしまいます。
彼に期待するのをやめるには、どうしたらいいのでしょうか。
彼にあれこれ期待すると、気づいてくれなかったことや、やってくれなかったことばかり増えてしまい、疲れてしまいますよね。

でも、彼に期待するのをやめると、裏切られることもなくなり気持ちに余裕ができます。期待しないっていうとなんか寂しくも思いますが、愛とは与えるものです。

期待するのをやめると、彼が気づいてくれた小さなことにも感謝できるようになりますよ。してくれて当たり前と思わないことが大切です。
「言わなくてもわかって欲しい」と察してちゃんになっていると、叶わなかった時にイライラしてしまったり不機嫌になってしまいますよね。

彼はなんで不機嫌になっているのかわからないし、だんだんあなたのことをめんどくさいと感じてしまうかも。

彼にして欲しいことやわかって欲しいことがあったら、きちんと言葉で伝えましょう。その方が彼にとっては居心地の良い相手になれるんですよ。
自分の気持ちを伝えるのが苦手な方も察してちゃんになりがちですよね。嫌われたくなくて本音が言えなかったり、強がってしまったりします。

でも、相手の立場になって考えてみると彼の気持ちがわかるかもしれません。彼に突然不機嫌になられたらどう思いますか?

やっぱり素直に気持ちを言葉で伝えてほしいですよね。素直になることは、相手への思いやりでもあるんですよ。
今回は、彼に期待するのをやめる方法を紹介しました。好きだからこそ期待してしまう気持ちもわかりますが、期待しすぎると思うようにならず不満も増えてしまいます。

期待しすぎるのはやめて「彼にして欲しい」よりも「自分がどうしたいのか」を考えてみてくださいね。

(elliott/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事