2022.11.28

第一印象が最悪...なのに最高のパートナーになるかも?

男性の第一印象が最悪だと、その時点で「恋愛対象外」と判断する女性は多いでしょう。
しかし、第一印象が悪い男性が必ずしも合わないとは限りません。時には、最高のパートナーになることもあるんですよ。

そこで今回は、第一印象が悪い相手が最高のパートナーになるかもしれない理由をご紹介します。
第一印象というのは、とても大切なものです。しかし、初めて会った時、必ずしもいつも通りの対応ができるタイミングとは限りません。

例えば、仕事でトラブルを抱えイライラしていることもあれば、体調不良で具合が悪いこともあるでしょう。そんな時、いつも通りの対応をする余裕はありません。
第一印象が悪い相手とは、たまたまそんなタイミングで出会ったのかもしれませんよ。
第一印象が悪いと、「この人とは仲良くなれそうもない」と判断する人は多いでしょう。一度そう思ってしまえば、相手を知ろうとしなくなるものです。そうなれば、相手の本質を知らないまま終わることになります。

本当は照れ屋でぶっきらぼうにしか接することができない、態度は冷たいけれど心が温かい人といった、本質的なところを知れば、見方は変わってくるはず。
「彼は第一印象が悪かった」と思っている人の中には、実は気になる存在ゆえに、「印象が悪い」と感じているのかもしれません。

例えば、以前から見かけていて気になっていた相手、見た目がタイプの相手には、どうしても自分の理想を押し付けてしまうもの。
自分が思い描いていた対応ではなかったから、「印象が悪い」なんて感じているだけかもしれません。
運命の人との出会いは、ドラマや映画のようにキラキラとしたものを理想としている人が多いでしょう。確かに、出会ったその時から素敵な人と思える相手は理想的ですよね。

しかし、第一印象が悪い人は、印象が悪かったからこそ、その後「意外といい人」なんてプラスに捉えられるんです。
第一印象が良かったのに、仲良くなったら「こんな人だったんだ......」とガッカリするよりも、どんどんプラスに捉えられる相手の方が新鮮で、魅力的に感じるかもしれませんよ。
第一印象が悪い男性には、興味を持たない女性が多いでしょう。しかし、たった一度の出来事で恋愛対象外とするのはもったいありません。相手をちゃんと知れば、理想的な相手だと気づくかもしれませんよ。

(NaonN/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事