2020.04.07

「サラダ取り分け女子」はもう古い!合コンでモテる女子の言動とは

よく女性誌や、色んな恋愛サイトで合コンや会食などのシチュエーションで、サラダや大皿を取り分ける女子は女子力が高く好感度が高いと言われていますが、実際若い男性にアンケートをとってみると、そんなに効果がないと判明しました。

では、どうすれば好感度があがるのか。

今回は20代の男性を中心に取材をし、好感度の高い合コンでの振る舞いをまとめてみました。
「ドヤ顔でサラダ取り分けてくる女子に引いちゃいます。
逆に普段仲良いメンバーのときは取り分けないんだろうなとも思っちゃったり。」(29歳/スタイリスト)

もちろん合コンなどのシーンで、サラダなどいわゆる大皿料理を取り分けてくれる女性は少なからず好感度は上がります。

男子は彼女候補にするならば家庭的な一面を大事にしますから、「付き合ってからも、気が利く」という印象が残れば確かにお得でしょう。

でも、取り分けることを宣言したり、一人一人に渡す時に「はい!」と言ったり、わざとらしさが出るとマイナスになってしまうんです。あざとい女子は嫌われますからね。

会話が止まったり、取り分けるのに夢中であんまり話を聞いていないよりかは、取り分けは他の女子にまかせて、男子の話にリアクションしてる女性のがモテるみたいですよ。

なので、サラダを取り分けるにしても、男性の話を聞きながら「あくまでさりげなく」が正解です。
「合コンが終わったあとに男子メンバーで反省会をしてたとき、空いたグラスを隅にまとめてた子がすごく好印象だよねって話になりました。」(26歳/広告代理店)

アンケートで多かったのが、「取り分ける女子よりも片付ける女子のほうが印象的に残ってる」という意見でした。料理は作るけど、あと片付けできない女子がすごく印象悪いのと同じみたいです。

例えばですが、お店の人が食べ物運んできたときに、置けるスペースを作ったり、テーブルにこぼれた醤油をサッと自分のおしぼりで拭いたり、店員さんに気が遣えてたり・・・。

男性は合コンのとき、女子のさりげない仕草を見てるみたいですね。

また、合コンなどでサラダなどの大皿を取り分けるのは序盤から中盤が多いので、緊張がほぐれていないことが多く、あまり印象に残らないってのもポイントです。

後半で仲良く話してる時に、さりげなく後片付けしながら、男子の話にもリアクションできる女子が最強です。
「取り分けるのがめんどうだから、同じお皿でシェアしようよ。って女性の発言にちょっと引いてしまいました。」
(25歳/会社員)

料理のシェアはお互いの距離をグッと近づけるアクションの一つです。「一緒に食べよ。」って言われたらドキドキします。

だからといって一次会からいきなり「気を遣うのやめて仲良くなろうよ。」とシェアをしようとする女性は男子としてはあまり好印象ではありません。段階を踏みましょう。

だんだん仲良くなって、飲み会後半や二次会で、シェア作戦を使ってみてください。
いかがでしたでしょうか?

気が利くアピールは「さりげなく」がいいみたいです。僕も取り分け女子よりは片付け女子がいいと思います。

あとは楽しそうに笑顔でリアクションしてくれる女性がやっぱり好印象です。

(AKI/ハウコレ)

関連記事