2020.03.01

女子がおさえておくべき「長続きする彼氏」の特徴・4つ

男性と付き合うなら、できるだけ長続きする関係を築きたいもの。でも、付き合う相手が浮気性で飽きっぽい人なら、いくらこっちが誠実に付き合っていても関係を続けることは難しいですよね。

ただ恋をするだけではなく、きちんと相手と信頼し合える恋をしたいと思う女性は多いはず。そこで今回は、女子が「この人なら長続きするかも」と思った男性の特徴についてまとめてみましたので、ご紹介します。
「元カレが短気な人だったから、自分の思い通りにならないとちょっとしたことですぐ怒るんです。それに比べていまカレは、穏やかな性格だから伸び伸びと付き合えています」(24歳/販売)

結婚対象として男性を見るときも、「穏やかで優しい人」を条件に挙げる女性は多いですよね。性格が穏やかだからといって長続きするとは限りませんが、怒りの沸点が高いことで、ふたりのムードが急に険悪になることは少なそう。

あなたも性格の不一致で別れたくないのなら、彼の怒りの沸点に注目してみて。彼がどんなことで怒るのかをチェックすることで、喧嘩別れも防ぐことができますよ。
「恋人とは毎日メール、電話したいと思っていたんだけど、彼から『週に2〜3回の連絡で十分』といわれて拍子抜けした。でも、自分の時間が充実してから、彼との恋愛がもっと楽しくなった気がします」(25歳/メーカー)

束縛する恋愛は長続きしないもの。でも、好きな人ができると、彼のことをもっと知りたいと思って、ついベタベタしてしまう女性は多いものです。

カップルによって連絡を取りたい頻度は異なりますが、自分の時間を大切にすることで、結果的にふたりの関係は長続きします。いままで依存関係の恋愛が多かった女子は、彼の時間の使い方や趣味を尊重することも覚えましょう。
「今カレの素直に謝れて些細なことでも感謝できるところは、見習わなきゃって思う。おかげで喧嘩しても、すぐに仲直りできるので」(22歳/大学生)

喧嘩が何度も重なると、「彼とは相性が良くないのかな」と思ってしまいますよね。喧嘩しないで済むならそれが一番ですが、ふたりの価値観がぶつかる瞬間は付き合っていれば避けられません。

そんなとき、素直に「ごめんなさい」と言えれば、すぐに関係も元通りに。また、日頃「ありがとう」と気軽に言えるかどうかで、ふたりの絆も大きく変わるはずですよ。
「過去の恋愛を振り返ってみると、長続きした彼とはなんでも話せたかも。仕事のこともエッチなことも。そんな風に自分を見せられる相手って、そういないと思う」(21歳/大学生)

関係が長続きするということは、それだけ相手に心を許せているからです。友達に置き換えてみてもくだらないこと、真面目なことを言い合える相手は数が限られますよね。

ときめきを感じられる恋も素敵ですが、関係が長続きすることに重きを置くなら、気になる彼とどんな話ができるのか注意してみて。話が合うことは「相性がいい」と言えるひとつのポイントになります。
いかがでしたか。どれも関係を長続きさせるには大切なことばかりでしたね。各ポイントに当てはまる男性を探すのはちょっと大変ですが、気に入った人がこれらのポイントにどう当てはまるのかを見るだけでも、ふたりが付き合った先の関係が見えてくるのではないでしょうか。

(柚木深つばさ/ハウコレ)

関連記事