2020.04.05

恥ずかしい!彼氏のあのカッコ悪い癖をやめさせる方法

こんにちは、ぽこひろです。

顔もイケメン、性格も問題ナシ。もうあたいのカレって完璧すぎて笑えるんだけどー!
と言いたいところだけど、そういう男子に限って玉にキズが……。

歩きながら唾を吐く、ちょっとしたことで舌打ちをする。
大好きなカレだから我慢したい、でも治してくれたらもっと好きになっちゃう!

だったら治してもらいましょう! ええそうしましょう!
そんなわけで今回は2~30代女性15人に「実際に彼氏のダサい癖を治したその方法」について教えてもらいました。
「5分に1回くらい舌打ちする人だったんだけど、結構ああいう人って無意識にしちゃってるみたいなんだよね。だから、『なんか悲しくなっちゃうから舌打ちやめてほしいな』って言ったら普通にやめてくれたよ」(化粧品販売/32歳)

なるほど。舌打ちのようにその人が無意識にしてしまっているクセの場合、まずは単純に指摘して気づかせてあげることが大事ですね。
それにプラスして、「悲しくなっちゃうから」というのもとても効果的だと思います。これを言われて直せない彼氏は、アナタの彼氏失格でしょう。
「唾を吐く人っているよね。あれって、なんかヤンキーみたいでかっこ悪い。私の場合は、もう直してもらうのも面倒だったから、銀座とかお洒落な街でばっかりでデートするようにしたね。そういうとこなら唾吐かないんだよね。あとはもう自分で気付いて直してもらうしかないかなと思って」(制作会社/27歳)

あとは、出歩くデートをやめて、家デートをメインにしたり、ずっとご飯屋さんで喋ったりなど、唾を吐きたくても吐けない環境においてしまうのは手かもしれませんね。
「貧乏ゆすりはねー、椅子だよ椅子。ゆったりした椅子のお店に入ればあの人達はできないから」(コールセンター/25歳)

貧乏ゆすりに関しては、座っているとき以外はしないものですから、重要なのはご飯を食べるお店選び。ソファーのように深く座る椅子のあるカフェや、そうでなければ座敷などがいいでしょうね。

まあ、電車の中とかでもされてしまうようなら、あえて座らないとかそういう手段しかないかもしれませんね。
「箸の持ち方が変だったり、口から物こぼしたりする人にはこれ。一回でいいから高級なお店連れていくの。そうすると絶対に緊張してきちんと食べるから。それで帰りに『今日の◯◯君の食べ方がすごくセクシーでカッコよかったよ。惚れなおしちゃった』で完璧」(Web系/25歳)

ほかにも、カレが食べこぼしをするたびにテーブルを拭いてあげたり、逆に自分はかなり行儀良く姿勢を正して食べたりと、カレに悟らせるという方法を取る人もいましたよ。
いかがでしたか?
これらを実践して、みなさんの手でカレのオトコを上げましょう。そして、今よりももっとカレのことを好きになって幸せな関係を築いてくださいね!

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事