2020.04.05

私、重いの!?男子が「束縛しないでくれ」と思ったとき彼女に言うセリフ・4選

こんにちは、ぽこひろです。

男子も女子も、あまりに束縛されるのは窮屈であまり気持ちのいいものではありません。

「でも私たち、お互いに束縛し合ってないし、大丈夫!」
そう思えるなら大丈夫でしょう。

しかしひょっとしたら、優しいカレは、あなたに気付かせないようにさりげなく「束縛勘弁して……」のサインを発しているのかも? だとしたら話は変わってきます。

知らず知らずのうちにカレにストレスを与えてしまっているかもしれませんからね。

そこで今回は、20代男子30人に「彼女からの束縛を感じたときに、それをさりげなく伝えるセリフ」について聞いてみました。
「浮気とかそういうの疑われまくると、『俺のこと信用してないのか?』ってキレそうになるのを我慢しつつ、やわらかめに『カップルとして、お互いに信じあってるのが一番理想だよね?』って暗に言い聞かせている。
俺の彼女さん、届いてるかな?」(大学生/22歳)

まったくもってこの通りですね。信頼し合ってさえいれば、どれほど心が軽くなるものか……。

まあ、直接的な言い方ではありませんが、これくらいのことを言われたら「私、いろいろ詮索しすぎって思われてる?」みたいに感づく人も多いでしょうね。
「本当は面倒くさいけど、とりあえずなんとか安心させておきたいときは『まあ結局、結婚相手はお前って決めてるから』といなす。
素直に喜んでくれるのもありがたいけど、どうかそれだけじゃなくてその裏にある真意を汲んでほしいなぁ……」(営業/26歳)

「私のカレ、結婚するって言ってくれてるんだ」と浮かれていたら、じつはそれが「束縛しないでほしい」の遠回し表現なのかもしれません……。これは怖い。
「『なんでそんなに女子と遊びたいの? 私だけじゃ不満なの? 飽きたの?』とか攻められたときにだいたい言うのが、『俺ってその程度の男だよ。ごめん』ってセリフ。
たしかに、彼女がいるからって100%全力で彼女に集中できない自分も少しは悪いかなって思って『束縛しないで』よりもこういう自己嫌悪混じりのが出る」(バーテンダー/25歳)

こうやって自分を落とせる男子は、大人だと思います。

婉曲に、そのカレを許せないあなたも非難されているわけですが、それに気付かず「だったら自分を良くしようと努力してよ!」なんて言ってはあきまへん。
「なんかもう疲れちゃったなって思ったときにいつも言うのが、『もっと気楽にやっていこうぜ』だね。
これを言うとだいたい、『私とは遊びってこと?』みたいに怒られるけど、そういうことじゃないんだよなぁ」(花屋/24歳)

皮肉なことに、きゃりーちゃんの歌のように、常に『キミに100パーセント』でいたからといって早く結婚できるようになるわけでも、別れにくくなるわけでもありません。

むしろ、そこそこ7割くらいでのびのびとやってるカップルの方が案外長続きしているという現実。

恋はマラソンと思って、手を抜くことの大切さを教えてくれる金言ですね。
いかがでしたか?

もしもみなさんのカレがこういうセリフを言っていたとしたら、それはあなたに対する「もうちょっと肩の力を抜いて、この恋をシンプルに楽しもうよ」というメッセージなのかもしれませんね。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事