バタバタと忙しい年末のこの時期。「予定に追われるだけで、あっという間に新年を迎えそう」という方も少なくないと思います。どこかに遠出する時間はない…という方は、忘年会の前やお買い物の途中など用事のついでに楽しめる街中イルミネーションで、少し息抜きをしてはいかがでしょうか?

今回紹介するのは、東京・表参道のイルミネーション。毎年楽しみにしている方も多いと思いますが、今年は7年ぶりに表参道全域(神宮橋交差点から表参道交差点まで)で点灯しています。約90万球のLEDライトで彩られたケヤキ並木はシャンパンゴールド一色。

【表参道交差点付近】

ハイブランドのブティックなどが建ち並び普段から華やかな印象の通りが、イルミネーションによってさらにキラキラと煌めいて見えます。

【イルミネーション点灯期間は2017年12月25日(月) まで ※植栽帯のみ2018年1月8日(月)まで点灯】

【2017年12月25日(月) まで、アニヴェルセル表参道では約3万球を使用したイルミネーションが愉しめます。テーマは「FOR PRINCESS」ということで、メインエントランスの頭上には大きな“クラウン”が♪】

|表参道ヒルズで体感する「100色のクリスマスツリーの森」

そんな煌めく表参道の中でも、ぜひ抑えておきたいのは表参道ヒルズのクリスマスイルミネーション。吹き抜けの大階段には「100色のクリスマスツリーの森」をテーマにしたアートなクリスマスツリーが登場しています。

【たくさんの色に圧倒されるクリスマスツリーは、フランス人の建築家/デザイナー エマニュエル・ムホー氏がディレクション。2017年12月25日(月) まで展示】

高さ7mの白いメインツリーを囲むように約1500本のカラフルなミニツリーで空間全体を埋め尽くすアートイルミネーションは、東京の街にあふれる「色」にインスピレーションを受けて制作されたそう。立ち位置によって見え方が変わるので、ショッピングをしながら様々な場所から楽しむことができます。

また、30分に1回のペースで開催される特別演出「EMOTIONAL REFLECTION」も必見(初回11時30分〜、最終回22時30分〜)。オリジナル音楽に合わせてメインツリーの色が変化しながらミニツリーと連動して光る幻想的な演出は、ハッピーな気分をグッと盛り上げてくれますよ。

表参道では2017年12月23日(土)、24日(日)の2日間限定で、一部の車道が歩行者専用道路として開放されることも予定されています。いつも以上にフォトジェニックなイルミネーション写真も撮影できるかも知れない貴重な機会なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。<text & photo:YOKO>