なにかと忙しい年末。「予定に追われるだけで、あっという間に新年を迎えそう」という方も多いと思います。どこかに遠出する時間はない…という方には、忘年会の前やお買い物の途中など用事のついでに楽しめる街中イルミネーションがオススメです!

今回ご紹介するのは、東京・丸の内のイルミネーション。ブランドショップが並ぶ丸の内仲通り(約1.2km)にある200本以上の街路樹が約98万球のLEDで彩られています。丸の内で使用されているのは、少しピンクがかったような温かみのある色合いが特徴の“丸の内オリジナルカラー”のシャンパンゴールドです。

【点灯期間は2018年2月18日(日)
まで。場所は丸の内仲通りや東京駅周辺ほか。点灯時間は17時30分~23時(12月中は17時~24時)】

【丸の内仲通りはお洒落なレストランやカフェなども多く、イルミネーションを眺めながらのディナーもオススメ】

【イルミネーション+アートなフォトスポットもたくさん】

【2018年1月8日(月)まで三菱一号館美術館では『パリ❤︎グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展』が開催中】

【同展では撮影可能な展示室もあります。お気に入りの絵を見つけて撮影してみて。写真はアンリ・ド・トゥールーズ=ロートレックの『ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ』(1891年)】

|5日間限定で『東京ミチテラス 2017』も開催中

東京駅丸の内駅前広場から行幸通りにかけて2017年12月24日(日)〜12月28日(木)までの5日間限定で行われるイルミネーション『東京ミチテラス 2017』も必見。花と光の演出が樹木のイルミネーションと合わさってさらに気分を盛り上げてくれます。

【花びらを散りばめたロウソクが丸の内駅舎に投影されます】

【点灯時間は17時〜21時。大変混み合うため一方通行になっていたり、一部区間は観覧者以外は通行禁止となっています】

忙しさのあまりクリスマスイルミネーションが愉しめなかったという方もまだ間に合いますよ。ぜひ仕事納めの後にでも足を運んでみてくださいね。<text & photo:yoko>