リップのいろいろな【塗り方】5パターンをお届け!

塗り方次第で一気に顔の雰囲気が変わるリップメイク。同じアイテムでも仕上がりが違うだけで印象がガラッと変わるので、使い慣れたリップにも新鮮味を与えることができちゃいます。今回はトレンドのマットリップなども含めた5パターンの塗り方をレクチャー!今日から試すことができるものばかりなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

 

 

 

トレンド顔は【しっかり塗り】で叶えて

最近は”全部のパーツをしっかりメイク”よりも、どこか一点にポイントを置いたメイクが人気みたい。リップラインを取った【しっかり塗り】と軽めのアイメイクで旬顔を目指してみて。

 

 

最初にリップブラシで唇の形を縁取ってから、そのまま中を塗りつぶすだけでハッキリとした仕上がりに。お世話になったことのある美容部員さんによると、ブラシは横に滑らせるよりも縦に塗った方が色落ちしにくいのだとか。

 

 

 

立体感は【グロスやま塗り】で作れる◎

立体感のある唇を作りたければ上唇のフチ部分にグロスを乗せて。部分的にツヤが出るとぷっくりボリューミーな唇になります。

 

 

グロスは透明か色の薄いものがおすすめ。ラメ入りグロスを乗せれば光の反射でボリューム感がUP!より立体的な唇になります。

 

 

 

マットリップは【ぼかし塗り】なら重くない

トレンドのマットリップはしっかり塗ると重たく見えがち。程よい抜け感を取り入れるためには、部分的に塗ったリップをぼかすテクを使うのが正解!

 

 

下唇の内側のみにしっかりめにリップを塗り、上唇と擦り合わせてなじませることで程よいおしゃれ感のあるリップメイクの完成。外側は指でぽんぽんと整えると◎

 

 

 

ツヤ×マットの【マットグラデ塗り】でおしゃれ顔に

ツヤのあるグロスとマットリップ、異なる質感を組み合わせたグラデーションでおしゃれ感満載の唇に♡

 

 

唇の内側にマットリップを塗ってから、一段階薄いカラーのグロスを外側に重ねるときれいなグラデーションになりやすいですよ。境目は指で軽くぼかして自然な仕上がりに。

 

 

 

【ティッシュオフ塗り】でソフトな抜け感GET

マットなリップや発色の良すぎて普段使いしにくい口紅は、一度ティッシュオフしてソフトな印象に。派手な印象からこなれた唇にアップデートさせちゃいましょう!

 

 

唇でティッシュを挟む方法は上唇に色が残ってしまいがち。上から軽く全体を押さえた方が満遍なく余分な色をオフすることができます。

 

 

 

飽きてきたリップも復活するかも

お蔵入りしそうなあのリップも、塗り方を変えれば出番が増えちゃうかも。ぜひ試してみてくださいね。