2015.01.21

浮気は男の本能って本当?セックスに関するヒミツ・4つ


「付き合ったらするのが当たり前」と特に何も考えずにエッチをする人もいれば、「別に無理にをしなくても……」と、好きな人とのセックスに消極的な女性も少なくありませんが、セックスをきっかけにふたりの仲が深まることは大いにあるもの。

むしろセックスの知識を高めることで、男性に対する理解がより深まるかもしれません。

今回はセックスに対して不慣れな女性に向けて、セックスの効果と男性の生態について野口哲典著『みんなが知りたい男と女のカラダの秘密』を参考にご紹介します。

1.セックスは体を健康にする

「セックスを定期的にしている女性のほうが、子宮頸がんや乳がんを早期に発見する可能性が高いのだ。
(中略)セックスのときに、パートナーが乳房のしこりを発見することもよくあるのだ。
(中略)女性ホルモンのエストロゲンには、女性の身体を美しく健康に保つ働きがある。」

オキシトシンというホルモンを聞いたことはありませんか?
別名恋愛ホルモン、幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンは、ハグをしたりセックスをすることで分泌されると言われています。

つまり、好きな人とエッチをすることは女性としてキレイになれるだけでなく、健康維持にもつながるのです。
セックスをすることでふたりの絆が深まることを考えれば、まさに良いこと尽くし。

快感だけではなく、健康、美容の一環として考えれば、セックスの見方がだいぶ変わるのでは?

2.セックスは一生もの

「閉経を迎えると、もうセックスは終わったと思う人も多い。これは更年期以降、子宮や膣が萎縮し始め、膣内の分泌液も減少してくるため、セックス時に痛みを感じるようになるからだ。
だが、(中略)セックスをしていたほうが、膣の萎縮など性器の老化を防ぐこともできるのだ。」

セックスはいつまで出来るのか、考えたことはありますか?
年齢とともに性欲は減少していきますが、健康であれば男女は一生涯セックスをすることが可能です。

というのも、セックス=挿入のイメージが一般的ですが、必ずしもそうとは限りません。お互いに気持ちよくなれる方法を探していけば絆も深まり、また性器の老化も防げるので長く楽しめるのです。

逆にセックスを避ければ避けるほど、性器の老化もあって余計にやりづらくなるのです。

彼と一緒に気持ち良くなる方法を探していければ、セックスを通じてふたりの関係はもっと親密になれるはずですよ。

3.男性の浮気は本能?

「家畜の種つけをするとき、オスに同じメスと何度も交尾をさせていると、次第にオスがなかなか射精しなくなるというのだ。
しかし、別のメスと交尾させると、すぐに射精してしまうというのである。(中略)別のメスとの間に子供を作ったほうが遺伝的にも有利になること、本能的に知っているのかもしれない。」

よく男性の浮気は本能と言いますよね。確かに男性は多くの女性とセックスをした方が自分の子孫を残せるもの。
それはセックス時のオーガズムのタイミングにも表れるようです。

でも、それはあくまでも生物学上の話。本当に好きな相手なら、男性は一生涯その女性を大切に思うものです。

とはいえ、本能とセックスが結びついているのは確か。セックス目的で女性に近づいてくる男性も多いので、エッチに誘われた時は彼の気持ちを注意深く見極めましょう。

4.睾丸の大きい男性は浮気体質向き?

「一般的に睾丸が大きいほど精子の製造能力がすぐれ、一度に射精する精子数も多い。
(中略)睾丸が大きい男性ほど生殖能力がすぐれており、浮気向きの体質であるということなのだ。」

男性は女性に比べて性欲が強いもの。男性が浮気をするのも性欲による影響が少なくないものです。

彼とのセックスの時にぜひチェックしておきたいポイントですね。ある調査でも睾丸の小さい男性の方が子育てを積極的に行うことが分かっています。

誠実なイクメン狙いなら、こういう男性が生物としてオススメ、ということでしょう。

おわりに

各ポイントを参考にセックスと男性について理解を深めることで、好きな人との恋愛がもっと楽しいものになるといいですね。


(柚木深つばさ/ハウコレ)

【参考文献】
「みんなが知りたい男と女のカラダの秘密」野口哲典(ソフトバンククリエイティブ株式会社)

関連記事