2010.11.18

シェアウェア化する前のフリーウェアを探し出す方法

フリーウェアの中には高機能化が進んで、あるタイミングでバージョンアップしたものから突然シェアウェアになるケースがよくあります。こうしたシェアウェアを配布するサイトでは、シェアウェアを利用してもらおうとこれまでのフリーウェアの配布を停止するものも珍しくありません。急に配布を停止してしまったフリーソフトをどうにか取得できないものか…。

そんな悩みを解決するのが「Last Freeware Version」です。「Last Freeware Version」はWebサイト上に最新のフリーウェアを一覧で表示し、任意のフリーウェアをダウンロードすることができます。最大の魅力は、フリーウェアになる前の最後のバージョンのフリーウェアを探し出せる点です。すでに配布を停止するフリーウェアをダウンロードできるので、公式サイトにないフリーウェアを利用することが可能です。

Last Freeware Versionを利用してフリーウェアをダウンロードする方法を紹介しましょう。

Last Freeware Versionにアクセスしよう

以下のURLをクリックし、Last Freeware Versionにアクセスしましょう。
http://www.321download.com/LastFreeware/index.html

Last Freeware Versionは「Page」別にフリーウェアのダウンロード先を示しています。英語表記ということで探しにくいため、検索を駆使してフリーウェアを探し出してもよいでしょう。

なお、Last Freeware Versionが管理するフリーウェアを一覧表示するには、ホームページにある「Page1」の下方に「For a full, alphabetical list of Last Free Versions of software, click here.」とあります。この「click here.」をクリックすると、すべてのフリーウェアを確認できます。

ほしいフリーウェアの詳細画面を表示しよう

一覧の中からほしいフリーウェアを探し、クリックしましょう。


フリーウェアをダウンロードしよう

説明文の下に「Download」があるのでクリックします。するとダウンロードが開始するので、保存先などを指定して取得しましょう。ここでのポイントは、「Download」をクリックした際、他のリンク先に飛ぶことなく直接ダウンロードが開始される点です。

一般的にはリンクに次ぐリンクでどこにファイルが保存されているのか分からなくなることがありますが、Last Freeware Versionはすべてのフリーウェアをサイト自身が保持している点です。初心者でも簡単にダウンロードできるので親切ですね。


   

さいごに

Last Freeware Versionで管理するフリーウェアは決して多いとは言えません。しかしメジャーで優秀なソフトが多くそろっています。もしフリーウェアを探し、公式サイトではシェアウェア版しか見つけられなかった場合はぜひ利用してみてください。

すでに出回ってない掘り出し物(フリーウェア)が見つかるかもしれませんよ。


関連記事