2015.02.03

【夢占い】吉凶を占う!火事にまつわる夢4つ


・・・街で大火災が発生したみたいです。たくさんの人が逃げ惑っています。炎が街を焼き尽くす光景を見ながら、私はどうしても足がすくんで早く逃げることができません。火は目の前に迫ってきます。とうとう炎が怪獣みたいに巨大になって、自分を呑み込もうとしたところで恐怖のあまり目を覚ましました。

これは、ある自営業の女性が見た夢ですが、この夢を見た日、新しい客先から大きな仕事の依頼を受けたそうです。火にまつわる夢は吉凶が極端な事例が多くあります。今回は背景の違いから吉凶が分かる、火にまつわるいくつかの夢をご紹介しましょう。

山火事の夢

山は自身のルーツや先祖にまつわる事柄を象徴します。地元の山が火事になっているイメージは、家族や実家にまつわる危急のトラブルや災厄の予兆になることがあるので要注意です。
また、大きな山火事の夢は、吉兆になりやすい大噴火のイメージと違い、凶夢の暗示になることが多くあります。

乗り物の火災の夢

・・・空を見上げると、エンジンから火を噴きながらすごい勢いで航空機が飛んでいきます。近くの山のほうに向かって飛んでいるので、ここには堕ちてこないし、まあ大丈夫かなあ・・・と思っていると、その瞬間、上空で爆発しバラバラになってしまいました。
この夢を見た女性は、後日予定していた家族旅行が予想外の悪天候のために急きょ中止になってしまいました。乗り物が予定や計画の象徴になることから、墜落する航空機、乗り物が火災になるイメージは、思いがけない予定の変更、急激な状況変化の暗示になります。このような夢を見たら、計画の見直し、または事前の確認をしっかり行なってください。

自宅、建物が燃える夢

自宅や建物が燃え、屋内から荷物を出そうとしているのは、繁忙期や生活環境の変わり目に見やすい夢です。女性なら、結婚したばかりの時期にも見ることのある夢なので心配ありません。
荷物を外に出すというのは、様々な課題が現われる時期を象徴します。ただ、建物から逃げられなくなるイメージは慌ただしさや変化に伴うトラブルの暗示になることがあります。

火炎と煙の夢

勢いよく燃える火炎のイメージは基本的に吉兆ですが、黒煙が噴き出すイメージならトラブルなどの凶兆になります。火は運気の浄化につながり、煙はくすぶる運気につながります。火力の大きさは運気の強さを、煙の多さは運気の低迷ぶりをあらわします。火や煙だけが印象的な夢の場合、霊夢や予知夢になりやすいので、夢の中の登場人物にも注意をはらってください。良い意味でも悪い意味でも彼らの身辺変化を伝えることがあるので要注意です。

火事にまつわる奇妙な警告夢

・・・誰かを探して歩いています。火事で焼け残った家がありました。そこにいた女性が私の探している人のようでした。火事のこともそこが彼女の家だったことも知らないようでした。家が焼けたことを伝えると彼女は驚き、ずっとそこにたたずんでいました。私は時間だから早く行きましょう、と彼女を促していました。
ある30代女性の見た夢ですが、それからまもなく彼女の母親が緊急入院するという事態が発生しました。夢の女性は彼女自身を象徴します。この夢のイメージではその場を早く立ち去ることを促しているので、幸いに彼女の母は大事に至らなかったそうです。これは火災の跡のイメージですが、炎のイメージよりも、煙や焼け跡のイメージのほうが警告夢になりやすいのです。

(梶原まさゆめ/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事