ボーダーはモテないなんて誰が決めたの?女子度が上がる着こなしTIPS・4つ


2012年、『ボーダーを着る女は、95%モテない!』という本が話題になりました。

ワタシ、このタイトルを見た瞬間、心の中で叫んでしまいました。「んなこたーない!」と。

ただ、このタイトルはキャッチーで面白い。そこを重視してつけただけで、本気で唱えているわけではないのかもなぁ、とも思いました。

ところがどうでしょう。女同士で話していると、「ボーダーはモテない」と本気で思っている女子が意外に多いではありませんか!

ボーダーを愛し、ボーダーで愛された(ことがある・笑)女子の一人として、ワタシはボーダーへの誤解を解かなければと思いました。ボーダーは、着こなしのポイントさえ押さえれば、むしろ最強であると! 

ボーダーでモテるかモテないかは、服の選び方次第、着方次第です。以下に着こなしポイントをまとめてみたので、参考にしてみてください!(トップスにボーダーを着るケースを想定しています)

1.肉厚な生地は避ける

ボーダーのトップスを可愛く着るなら肉厚な生地は避ける。これ鉄則。

ボーダーといえば、フランスのブランド、セントジェームスが有名です。ここの定番カットソーを持っているボーダー好き女子は少なくないと思います。

が、あれはモテには使えません!質の良い名品であることは間違いないのですが、あの肉厚な生地が、女性ならではの身体の丸みを隠してしまうからです。

ボーダーというユニセックスな柄だからこそ、生地は薄め、柔らかめのモノを選んで女度をプラス。これをぜひとも忘れずに!

2. ブカブカよりはピチピチを

形の選び方も大事。というか、これが一番大事かもしれません。

男性でも着られそうな、ストーンとした直線的な形は避けましょう。オーバーサイズもオススメしません。胸や腰がどこにあるんだかサッパリ分からないような形を選ぶと、パジャマか囚人服のイメージに近づいてしまいます。

女性の身体をきれいに見せてくれる、カッティングのきれいなモノや、身体に程よくフィットしたモノを選べば、それだけで素敵さ7割増しです。

ちょっとピチピチ過ぎ?と思うくらいでも、ボーダーならいやらしくなりませんよ!

3.デコルテを見せる

オーバーサイズはオススメしないと言いましたが、例外があります。首元が広めにあいているなら、ゆったりした形でもOKです。

鎖骨や肩、胸元などデコルテが見えるだけでボーダーが一気に女っぽくなります。そこに華奢なネックレスをつければなお良しです!

4.スカートを合わせる

「手持ちのボーダートップス、どの条件も満たしてない……orz」とガックリしているあなた。

大丈夫です!女子にはスカートという味方がいます。

たとえば、こちらのボーダーのニット。生地はどちらかというと厚め、身体にフィットしているわけでもなく、襟元も最近の流行で詰まりぎみ。言ってみれば女子度は低めです。

 

 ところが、そこに無地のフレアスカートを合わせると、一気に可愛くなります!


 
ここでもしパンツを合わせた場合。ファッションとしては全く問題ないのですが、モテ度は一気にダウンします。コーデに女子ならではの要素がなくなるからです。

ただ、パンツを合わせた場合でも、髪をアップにしてうなじを見せるなどすれば、女子要素が加わって、これまた一気に可愛くなります。つまりは女子要素とのバランスなのです。

一歩間違えると素っ気ない印象を与えるボーダー。でも、可愛く着ることを心がければ、「女っぽいけど媚びてない」、男性からも女性からも支持される最強コーデが完成します!

ユニセックスな柄だからこそ、女子ならではのアイテムや要素を必ず加える!これを忘れなければ、あなたも明日からモテ☆ボーダラー!


(ヨダエリ/ハウコレ)