2015.02.01

チラ見せが肝心!男性をドキッとさせるギャップ・4選


身近にいる男性の意外な一面を知ったとき、ドキッとしたことはありませんか?
今まで気にならなかった男性でも、ふと知らない一面を垣間見て意識しはじめた、という方も多いはずです。

つまりギャップです。このギャップは男性にとっても大きなポイント。ギャップ効果を使えば男性の興味をグッと近づけることも難しくありません!

そこで今回は、男性の心を掴むギャップを紹介いたします。

1.意外な私服

「女性らしい雰囲気の人がたまにパンツを履いてくるとドキッとするんですよ。逆にボーイッシュな人がスカートを履いてくるのもいいですね。
いつもとは違う一面をたまに見ると、その人の知らない一面を知った気がするからでしょうか」(24歳/広告)

服装のギャップはたしかに大きいですよね。
中性的な男性が太めのパンツを履いていたり、いつもパシッとスーツを着こなしている男性がパーカなどカジュアルな服装でいると、思わず気になっちゃいます。

ポイントは、普段とは違う一面をちらっと見せることにあるようですね。
いつも同じようなコーデでいるのではなく、たまにはボーイッシュな服装やフェミニンな恰好をしてギャップを狙いましょう!

2.メガネとコンタクト

「目元の印象って雰囲気かなり変えるじゃないですか。だから、普段メガネをしている人がコンタクトに変えるとつい見ちゃいますよね。
そのノリでコンタクトの人がメガネかけてると気になっちゃいます」(22歳/学生)

普段とは違うギャップを出すお手軽な方法ですね。いつもメガネをかけてない人が授業中やパソコンを触るときにメガネかけたりするとキュンとしませんか?

裸眼の人はファッションとして伊達メガネをかけたり、パソコン用のメガネをかけてギャップを演出してください!

3.普段の性格とのギャップ

「気の強そうな女性が、か弱い一面を見せるのっていいですね。つい守りたくなっちゃいます。逆だと、女の子らしい子の芯の強さを感じたときもグッときます。
イメージとは違う一面ってだれでもあるし、そのイメージとの違いをふとしたときに感じると興味沸きますよね」(26歳/内装)

男性でいうと、草食系っぽい男性の男らしい一面を感じたときにドキッとする感じですね。

オラオラ系の男性にかわいいところがあった場合も、やっぱりキュンときちゃいますし♪

4.二人きりのギャップ

「みんなでいるときと雰囲気変わる人ってけっこう好きなんですよ。普段はウルサイのに、二人でちゃんと喋ったら意外と落ち着いてるトコあったり。
あと、俺にしか見せない一面を見せてくれてる気がして、特別な気持ちになるんですよ」(25歳/貿易)

集団でいるときと二人きりでいるときのギャップ効果は大きいみたいですね。

みんなといるときは口数が少ないけれど、二人ならお喋りになる、なんてギャップも好印象という声は多かったです。

ただし、ギャップを狙い過ぎてわざとらしくなると逆効果なので、あくまで自然体を意識しましょう。

度が過ぎた態度の違いはウソ臭くなりますし、イメージからかけ離れすぎると引かれる可能性ありです!

おわりに

ギャップのポイントは、普段のイメージとは異なる一面をチラッと見せるところにあるみたいですね。チラッとなので、やり過ぎは禁物です。

あまりにイメージと違う一面を見せすぎると、そっちが素だと思われて幻滅される可能性があるからです!

普段のイメージを基本にしつつ、ここぞという場面で普段と異なる一面を見せつけちゃいましょう!

(大西 薫/ハウコレ)

関連記事