2010.11.25

iTunesなしでiPodに曲を転送する方法

iPodは通常、iTunes経由で音楽ファイルを取り込みます。しかし外出先のネットカフェで音楽をiPodに転送するには、わざわざiTunesをインストールしなければなりません。わずか数曲の音楽をiPodに転送するのに、iTunesをインストールするのは手間な上、そもそも動作が重いiTunesをできるだけ利用したくないと思う人も少なくありません。

そこでもっと軽快に動作し、iTunesのようにiPodに音楽ファイルを転送できるフリーソフトがあります。それが「CopyTrans Manager」です。iTunesのようにパソコン内の音楽ファイルを管理し、必要な楽曲のみをiPodに転送できます。

また大きな特徴として、CopyTrans ManagerはUSBメモリーに入れて持ち運びできます。つまり外出先のiTunesのない環境でも、USBメモリーを差し込むだけでCopyTrans Managerを利用できるのです。ネットカフェや会社のパソコンからでも簡単に音楽ファイルをiPodに転送できるようになります。

ここではCopyTrans Managerの利用方法を紹介しましょう。


CopyTrans Managerをダウンロードしよう

CopyTrans Managerは以下のURLからダウンロード可能です。「窓の森」などのダウンロードサイトからも取得できます。
http://www.copytrans.jp/copytransmanager.php

CopyTransシリーズとしてさまざまな製品があるので間違わないようにしましょう。
         

iPodと同期しよう

CopyTrans Managerをインストール後、起動します。続けてiPodをパソコンに接続します。同期が完了すると、現在iPodに格納する音楽ファイルが一覧で表示されます。
 

音楽ファイルを登録しよう

iPodに転送したい音楽ファイルを選択し、CopyTrans Managerのウインドウ上にマウスを使ってドラッグ&ドロップします。複数の音楽ファイルをiPodに転送するには、この作業を繰り返し、音楽ファイルを転送できるようにします(この段階ではまだiPodに転送していません)。

音楽ファイルを転送しよう

転送したい音楽ファイルを登録し終えたら、「iPodをアップデートをクリックします。これによりさきほど登録した音楽ファイルがiPodへ転送を開始します。

アプリも追加しよう

パソコン上に保存してあるアプリもドラッグ&ドロップで追加できます。(Apps Storeで取り扱っているアプリのみ対応とのこと)
「アップデート」ボタンでアプリをiPhoneやiPadに簡単に追加できます。

さいごに

CopyTrans ManagerはiTunesより軽快な動作でかつ、持ち運びできる利便性があります。iTunesのように音楽を購入したり、ファイル形式を変換したりといった便利な機能は備えていませんが、音楽をiPodに転送するという必要最低限の機能で十分ならCopyTrans Managerがオススメです。

関連キーワード

関連記事