2015.02.09

「小さいおっぱいが悩みの種・・・どうにかした~い!」3つのポイント


こんにちは。夜の性活相談員・小室友里です。夜の性活、潤ってますか~?
さて、編集部に27歳の女性からこんな相談が届きました。

「Bカップしかない私。なんとかDカップに出来る方法はないものでしょうか…?」

相談者さんの職業はアパレル関係だそうです。そういえば最近のファッションデザインっておっぱいが大きいこと前提で作られているな~と感じます。

またはバストの大きさを強調するようなデザイン。逆に隠すものは徹底的に隠しているなぁ~と。
お仕事柄、カッコ良く洋服を着こなすためにも、やはりDカップくらいは欲しいところですよね。

では、一緒に考えていきましょう!

女性ホルモンを増やすのがポイント

おっぱいを大きくするには、いろいろな方法が考えられます。中でも一番効果がある!と思えるのはズバリ「カレに揉んでもらう」ことです。

いやいや、笑い事じゃないですよ?
実際カレとエッチするようになってからおっぱいが大きくなった、という人はたくさんいますし、デビューしたてのセクシー女優さんが半年後、おっぱいが以前より大きくなっているかも?と感じるのは、男優さんにいっぱい揉まれているせいもあると考えていいでしょう。
まぁ、男優さんはカレじゃないですけどね(苦笑)。

その理由は女性ホルモンの増加と考えられます。おっぱいを揉まれることで、女性ホルモンの分泌を促す「神封(しんぽう)」のツボが刺激され、おっぱいが大きくなったのでしょう。誰かを好きになる気持ちも、女性ホルモンの分泌を促してくれます。

だから相談者さんがカレにたくさん揉んでもらうことが一番!…とはいえ、「揉んで~」と言ったら、間違いなくエッチ突入です。揉んでくれるだけで終わるわけがない(笑)。
ということで、セルフケアでふっくらおっぱいを作る技をお教えしますね。

老廃物を流して、脂肪をおっぱいに戻す!

まずはおっぱいの周りで凝り固まった老廃物を流し、脂肪を柔らかくしましょう。なんてったっておっぱいは脂肪ですからね!二の腕や背中に流れてしまった脂肪を、おっぱいに戻しましょう。

まだ流れていないあなたも、やればやるだけバージスライン(胴とおっぱいの境目)がキレイになりますから、ぜひ取り入れてくださいね。

滑りを良くする保湿クリームやオイルを塗って、二の腕からデコルテ下、脇の下からデコルテ下に向かって、手の平で10回さすり上げます。左右終わったら、リンパの流れの胆になる、脇の下をモミモミ。ここが固いとおっぱいは大きくなりませんよ〜。

気持ちいい力加減でもみほぐしましょう。脇の下のリンパがスムーズに流れれば、小顔効果も期待出来て一石二鳥!

次はおっぱいの形を作ります。おっぱいの外側から乳首の上を通り、斜め上に手の平でさすり上げます。おっぱいが指にのってプルンプルン!と揺れる感じを楽しみながら、左右10回。この時点でおっぱいがほわほわっと温かくなってくるのがわかるはずです。

そして最後にもう一度、二の腕からデコルテ下、脇の下からデコルテ下に老廃物を流したら、ほ〜ら、ふっくらおっぱいの出来上がりです!

マッサージ前よりもふっくらしていますよ。お風呂の中で、またはお風呂上がりのデイリーケアとして、習慣化させてしまいましょう。

付けているブラジャー、正しいサイズですか?

また、正しいサイズのブラジャーを付けることも、バストアップの秘訣です。ランジェリーフィッターさん曰く、きちんと採寸して正しい付け方をすれば、1〜2カップは上がっちゃうそうです!

採寸はランジェリーショップへ行けばやってくれます。正しい付け方はランジェリーメーカーのサイトにアップされているので、ぜひ参考にしてくださいね。

ふっくらおっぱいへの道は、一日にして成らず、です!

(小室友里/ハウコレ)

関連記事