2015.02.19

おうちでエステ仕上げ!「彼をぞくぞくさせちゃう手」になるバスタイム美容



こんにちは!ネイリストでスキンケアカウンセラーの川上愛子です。突然ですが、彼をいっぱい触っていますか?彼にいっぱい触られていますか?
女性の「触り心地」を重視する男性が多い中、女性自身が自分の「触られ心地」を気にしないなんてもったいない!

触って気持ちいい肌はもっともっと触りたくなるもの。触られて気持ちいい肌はそれだけでぞくぞくくるもの。気持ちよい手を自分のものにして、その手で彼に触れば彼に電流が走ること間違いなし。ぜひ、チャレンジしてみてください!

必要なもの

今夜のお風呂にオイル・砂糖・ビニールかサランラップを持ち込んで試してみてください。

オイルは、マッサージオイルでもいいですしオリーブオイルでもココナッツオイルでも構いません。ごま油はちょっと香ばしいかもしれませんがチャレンジ心は大切です。和食や中華好きな彼ならぜひ!

むくみは大敵

手の浮腫みは、「指輪が食い込む」・「滞った血液でくすんで茶色い手に見える」・「ぶよっとして見える」 という「見た目最悪三大原因」になります。何より「浮腫み=血流が悪い」なので触られるとヒヤッとして誰もが不快になる手なのです。まずは、浮腫みをなくして、触れた途端「冷たい!」と嫌がられる手からは卒業しましょう。

女たるもの脇の下を美しく保つ

脇の下には老廃物を流す大きなゴミ箱があります。まずは、手に平にオイルをスプーン一杯用意します。滞った脇はぷっくり無駄に膨らんでいたりして太って見える原因にもなるので、まずは良く揉み解して血液を流してください。

お風呂で肩甲骨まわしから指先しぼりまで

脇の後は背中です。肩甲骨周りの血流が滞ると、肩が内側に入って猫背になったり冷えたりロクなことがありません。まずは腕を回して肩甲骨周りを刺激してください。
脇がほぐれて肩もすっきりしてきたら、片手を上に上げます。反対の手で手首から肘までを絞りながら心臓に向かって血液を流します。これだけでもかなりすっきり感じるはず。

手の平はスイッチがいっぱい。あちこち押してみよう

ここまでは準備体操です。いよいよ「電流ハンド」の準備に入ります。
オイルが足りないようなら必ず足してくださいね。

まずは、左手親指の付け根、高く膨らんでいる部分を右手の親指第一関節で揉みほぐしてみてください。ここが痛い人は肩が凝っているはず。揉み解すだけで楽になります。痛くなくなるまでしっかり揉みましょう。
次に指と指の間です。指の股が痛い時は自律神経が疲れていると言われています。
明日の曇りない笑顔の為にも、手のひら側も甲側もしっかりマッサージ。親指と人差し指で挟みまくってみてください。
そして最後は手の真ん中。くぼんでいる部分。右手の親指の関節でぐーっと下に押してみてください。「万能のツボ」と言われるココは痛い人も多いはず。
ムカつく誰かを想って押して頂いて構いません。遠慮なく押してください。
最後は手の甲。右手で拳を作ってゴリゴリ手首側に血液を流しましょう。痛いですね。でも、痛くなくなるまでしっかり流してください。左手が解れたら右手を揉み解します。

鬼の形相でのマッサージ後は天使の微笑みで

湯船でマッサージをしっかりした後は軽く汗もかいてすっきりしたのではないでしょうか?
痛くて悶絶する方もいらっしゃるハンドマッサージですが、ここが終われば後は簡単です。
持ち込んだ砂糖をスクラブ代わりに指の節のくすみを取ります。お塩でもいいのですが、この季節は乾燥した手に染みて痛かったりしますし、砂糖の方が体温に溶けやすいので後のお風呂掃除が楽チンです。ちょっと高価なスクラブをお持ちの方はもちろんそれでもOK。その後は、再度オイルを馴染ませて手にビニールを被せます。そのまま指先から湯船に浸せば、真空パックの出来上がり。パック効果でオイルがじっくり浸透しますよ。
お風呂から出たらうるうるの手に変身していますので、クリームを塗ってゆっくりお休みくださいね。
もちろん、こういったスペシャルケアだけでなく、普段のハンドクリームも大切です。気持ちいい手に変身して彼をたくさん触ってみてくださいね。

(川上愛子/ハウコレ)

関連記事