2015.02.24

いい加減、告ってこいや!彼からの告白を引き出す方法・4つ


あるテレビでは彼氏(彼女)がいる人が男女ともに約半数と発表していましたが、その後見たある雑誌で7割が独り身という結果が出ていました。

統計って怖いですね。どうとでもなりますね。信じたいほうを信じましょう。ということで、独り身が7割だそうですよ!万歳!

さて、そんな義理チョコを買うだけの無念の独り身女子としては、今何よりも欲しい物といえば告白ですよね。告白が枯渇してカラッカラのはずです。

そこで、気になるカレから今なんとしても告白を引きずり出したいという人のために、「彼からの告白の引き出し方」、取材をもとにご紹介します。

1.酔いに任せて自由奔放に

「酔った勢いで体を近づけたり、目をじーっと見てみたり、とにかく思いつく限りの行動を披露。
さすがの彼氏もイケる!と思ったのか、バーを出た後に告白してくれました。」(22歳/学生)

「振られるかもしれない」という彼の恐怖心を解きほぐすためには、新しいワンピースとウン千円かけたネイルによる好きアピールでは不十分。ここはお酒の力を借りましょう!

お互い気持ちが大きくなれば、シラフでは言えなかったこと、できなかったことができるでしょう。

ちょっと恥ずかしいようなアピールでも「え~酔ってたから忘れちゃった!」といえば無罪放免!

2.適当な人で練習を積む

「ボディタッチみたいなアピールをするのが恥ずかしいって言ってたら友達から『そんなこと言ってる場合じゃない』と指摘され、とにかく男慣れが必要だと思ったので適当な男友達相手に練習を積みました。
そうすると彼に合っても今までみたいに緊張しなくなってましたよ!」(28歳/メーカー)

アピールしろといわれても・・・この自意識が、邪魔をっ・・・という人は、まず場数を踏んでみるのが効果的。

彼一人に的を絞ってしまうと、彼を目の前にした瞬間上がってしまい、考えていた行動がとれないこともありますよね?

何事も練習です!練習台にした男子には心の中で土下座をし、本命彼氏とリラックスして話せるように男子耐性をつけましょう。

3.告白もどきをする

「『付き合って・・・って私が言ったら、どうする?』って思い切って言ってみたら『え?付き合う?いいの?』と彼が動揺し始めたので、『じゃあそうしよっか!』と私からOKサインを出しました。」(25歳/営業)

女の私から決定打を打つなんて嫌!でも彼がチキンすぎてこのままだと消滅しそう・・・

そんな崖っぷちに立たされてしまったのなら、自分のプライドを少し抑え込まないといけないタイミングなのかもしれませんね。
告白を女子からリードしてみるのも手段の1つと考えてもよさそうです。

4.SNSでアピール

「対面では思い切ったことが言えないので、ラインで攻撃しまくりました。ふざけてるっぽいかんじにもできるから便利ですよ!」(19歳/学生)

絵文字やスタンプで感情表現もできますし、面と向かっては恥ずかしくて言えないセリフも言えてしまう最強ツールがラインです。一言一言が軽く感じられるので、軽いノリと見せかけて「好きアピール」をするにはもってこいです。

真っ赤になりながら送っていても彼にはバレませんから、対面が苦手な人はSNS系を使いこなしましょう。

おわりに

はやく彼が行動起こしてくれないかな~と待っているその時間に、どんな最強肉食ライバルが現れないとも限りません。

チキンな彼の気持ちのをあと一押しすれば、日本の3割のリア充の仲間入りができる、かも!

(松宮詩織/ハウコレ)

関連記事