2015.02.27

今すぐチェック!恋の終わりを招く「破局相」4選



手相はその人の生き方や性格を表します。今回は恋愛で失敗しやすい手相をご紹介!
この手相があったらちょっと自分の恋愛を振り返ってみたほうが良さそう。自分の手相と現在の恋を照らし合わせてみましょう!

1.KY線



最近はよくKY線と言われるこの手相。
生命線と頭脳戦が8mm以上離れていたら、それはじゃじゃ馬な性格の表れ!
感性豊かで、直感と勢いで行動することが多いので、わがままに周囲の人を振り回してしまう傾向にあるようです。
自分の時間やタイミングを大切にする人なので、束縛されるのが苦手。
空気を読めないKYというよりは、相手に合わせることより、やりたいことはやりたいときに!という、自分らしさを大切にする人のようです。
そのため、その自由さから、パートナーに愛想を尽かされることもしばしば。
この手相の人と結婚する場合、それぞれが自分のプライベートを楽しめるような自由な関係性が大切なようです。

2.エロ線



人差し指と中指の間から、薬指と小指の間に向かって半円を描くように伸びているこの手相は、エロ線と呼ばれます!
その名の通り、フェロモンが強い人が多く、人を引き寄せる魅力の持ち主です。
ただ、その分異性との交流に流されがちで、勢いで一晩だけの関係に…なんてことも。
特に、線が切れ切れで細かい人は、欲求を抑えられずその場の感情で相手を選んでしまいます。
好かれたいがために相手を甘やかしたり、いけないと思っていても不倫や浮気に走ってしまうなど、危険な橋を渡ってしまう、そんなM体質な表れがこの手相。
目の前の欲求に流されない、自分の生きる力を見つけることが大切ですね。

3.結婚線



小指の下から横に伸びる線は結婚線です。
その中でも下向きに伸びる結婚線は、付き合いが長続きしにくいとされる相です。
さらに、その線が感情線にまで達している場合、別れや離婚の確率はかなり高くなるようです。
この相のタイプは、相手の欠点が目につきやすく、相手に対する不平・不満が多いことを意味しています。
なんで上手くいかないのか、自分を見てくれないのか、そんな臆病な気持ちが相手のマイナス面をピックアップしてしまうようです。
環境や他人に責任転嫁をしてしまいやすいタイプなので、その繊細な考えを相手への思いやりへ転換してみましょう。こうしたら良くなるかも?という少しの思いやりで解決できることも多いはずです!

4.感情線



こちらは見た目の通り、感情線が切れ切れなので、途切れやすい愛情を示す相です。
気分にムラがあり感情に左右されやすく、その上気まぐれなので、はかない恋を繰り返しやすい傾向です。
そのため、恋も仕事も長続きせず、心変わりしやすいのがこの手相の特徴。
交際や結婚も時間がたつにつれて、お互いに面倒くささから甘えのようなものが生じて来そう。
「これぐらいは許されるだろう…」と思ってやっている事が、盛り上がりを止めている原因かもしれません。
相手の欠点や短所も受け入れ、お互いに気を配り、高め合うことが素敵な関係を結びます。
ちょっとした心遣いが二人の愛情を深めてくれますよ。

おわりに

このように、自分や相手の欠点を見つめれば、必ず不安解決の糸口が見えてきます!
今回はあえて破局をテーマとしましたが、闇の中で光が輝くように、すべてのマイナスにはプラスに繋がります。
自分を知ることで、目の前の不安に打ち勝つ力を手に入れましょう☆

(あやか/ハウコレ)
関連キーワード

関連記事