2015.02.28

カワイイから、許しちゃいます!デートに遅刻したときの「萌えセリフ」・4選


あなたはデートに遅刻してしまったときってありませんか?相手の方が怒っていなければ万々歳ですが、そうでなかったら困ってしまいます。

そんな時に大事なのが遅刻したときの「セリフ」。これ次第で、彼のあなたに対する印象がガラっと変わってしまうみたい。

そこで今回は、男性が「カワイイから許す!」と思ってくれるような、デートに遅刻したときの萌えセリフを紹介します。

1.「本当にごめんなさい!」

「俺はやっぱり言い訳とかなく、素直に『ごめんなさい』って言ってくれたら、きゅんとしちゃいます。反省してそうだったら、すぐ許しちゃいますね。」(27才/事務)

遅れてしまったときは素直に謝るのが一番!「今日が楽しみで眠れなかったの~」なんて嘘は通用しなのです!

何か本当に理由があったとしても、ぐだぐだと言い訳をする前に、まずは誤りましょう。そこから「どうして遅れたの?」と聞かれた場合には、嘘偽りの無い話をしましょうね。

2.「遅延しました」(遅延証明書を差し出す)

「遅延証明書渡されたら、怒るどころか笑っちゃうかも。『俺は先生か!』ってツッこみたくなりますね(笑)相手の子が本当にしゅんとしてればしてるほど、『可愛いな』って思います。」(25才/広告)

遅刻した相手に遅延証明書を渡すなんて斬新(笑)しかし、この斬新さが、彼の気持ちにいらだちではなく、ときめきを生み出すのかも。

本当に遅延してしまった時にしか差し出せませんが、駅によっては日付が入っていない遅延証明書を配っているところもありますので、それを貰って大事に保管しておくのも良いかもしれません。

3.「待っててくれてありがとう」

「俺は『ごめんね』よりも『ありがとう』って言われたい。俺見つけた瞬間に走って近づいて来て、『待っててくれてありがとう!』なんて笑顔で言われたら、それこそきゅん死にだよね。」(21才/学生)

「待っててくれてありがとう」と言うと、「なんて健気なんだ!」と思ってくれるみたい。たしかに普通に謝るよりも、健気さはアップしますよね。

このセリフを言った後に、「いなくなってたらどうしようかと・・・」と涙目で見つめれば、その後彼に怒られることはなくなりそうです。

4.「いつもと違う乗り換えを試してみたんだけど・・・」

「この前実際言われたので可愛いと思ったのが『いつもと違う乗り換え試したら失敗しちゃった・・・』です(笑)『挑戦したかったの』って泣きそうな顔で言われたから、もう可愛すぎて笑っちゃいました。」(24才/飲食)

違う乗り換えを試したくなる気持ち、皆さん分かるのでは?分かるからこそ、このセリフは通用するのです。

本当にしていてもいなくても、分からなければこっちのものです。こう言って、少ししょんぼりしていれば、きっと彼はあなたが遅刻したって許してくれるはずです。

おわりに

いかがでしたか?

デートに遅刻したときの「萌えセリフ」、参考になったでしょうか。皆さんも遅刻してしまったときは、以上の言葉を参考にしてみましょう。きっと相手も許してくれるはずです。

(霧島はるか/ハウコレ)

関連記事