2015.02.28

強がったっていいじゃない!非リアだけどリア充に思わせる発言・4選


こんにちは、ぽこひろです。
リア充の恋愛マニュアルを謳うハウコレですが、読者のなかには当然非リアの女子もいるはず。

しかし、若いうちになかなか開き直って「私はモテないよー」と言うことは難しいですよね。
リア充の友達に混じって会話に参加するにも男子と話すにも、彼氏はいなくてもせめてモテてはいる体(てい)でいたいと思う人も少なくないはず。

そこで今回は、20代男子30人に「『あ、この子リア充っぽいなー』と思う女子の発言」について聞いてみました。

1.「バイト先でお客さんに口説かれてさー」

「接客しててお客さんによく口説かれたり、あとはビラ配りとかしてて『お店行くから連絡先教えてよ』とか言われる女子は、俺の中では基本モテてるって認識。
なんの根拠もないけど、でも、合ってる感じしない?」(大学生/21歳)

お客さんに連絡先を聞かれる、口説かれる、いい意味でからかわれる、これらはどれもモテのバロメーターと言ってもいいでしょう。

やはり初対面で男性からなにかしらのちょっかいを出されるというのは、それなりのリア充感が出ますよね。しかもバイト先のことなら、ウソでもばれません!

2.「え、とっくに振っちゃったよ(笑)」

「『そういえばお前、彼氏とどうなん最近?』とか聞いて、『え、とっくに別れたよ。
つまんなくて振ったの笑』とか言われると、ちょっとはチャラいなーとは思うけど、モテるんだな、とも思わざるをえないよね」(販促/26歳)

彼氏ができても、そこまで依存せずしがみつかず、「違う」と思ったらサクッと次に行くのはまさにリア充のなせる技。

むかし、「私がうどんを食べたいのに彼氏はそばで、『運命の人じゃないんだ』と思って別れたの」と豪語した女子に出会ったことがありますが、すさまじいモテオーラを感じました。みなさんも明日から、「彼氏振ったよ」を口癖に。

3.「◯◯ちゃんにに彼氏作ってあげようよー」

「女子独特の行動だとは思うけど、友達の恋を応援してる女子は、なんか高みの見物って感じ。自分は余裕なんだろうね」(フリーター/25歳)

少しその友達を見下している感じが出てしまい、そういうのが嫌いな男子には不評を買うかもしれませんが、いずれにせよリア充と思わせることができるのは間違いないでしょう。

男子からの評価と、リア充認定、どちらをとるか。

4.「うわー、まただ。無視しよ。しつこいんだよねー」

「男子からたくさんLINEが来ていて、ウザがっている女子いるじゃん? あれはモテてる感じはするよね。でも、『こいつとは付き合えないな』とも思うよ」(大学生/22歳)

一般的に、男子をLINEの返信待ちの状態にしている女子は、モテていると思われるでしょう。

逆に、速攻で返信してしまうと好かれたい感というか、必死感が出てしまいます。

おわりに

いかがでしたか?
「そもそもリア充のふりをしてなんの意味がある?」という疑問もありえますが、人間は形から入る生き物です。
パリを歩けばパリジェンヌの気分になってきますし、東京を歩けば都会の女っぽくなってくるもの。

リア充的発言・言動を心がけることで、徐々に「イイ女」に近づく可能性だって、低いとは言い切れないと思うのです。

(川上ぽこひろ/ハウコレ)

関連記事