2015.03.01

「身体と心を守るエッチ」をするために気をつけるべき4つのこと


こんにちは!二松まゆみです。今回、23歳の女性からこんな相談を頂きました。

「彼氏とのエッチでどうやら私のアソコに指5本入っちゃったみたいなんです。
その時はなんともなかったんですけど、少ししてからちょっと血が下着に付くようになって…。
生理じゃないです。中が傷付いたんじゃないかと心配で…。痛みはありません。どうしたらいいでしょう。病院行くべきですかね?」  

カップルによってセックスの仕方は様々です。淡々とワンパターンエッチを続ける人も入れば、好奇心旺盛であれもやりたい、これもやりたいというタイプの人もいます。

熟年がたに有名な『48手』という伝統的な48個の体位をとにかく全部試したいというやり手男子の話を聞いた事もあります。

「で、ふたりとも満足したの?」と尋ねると
「いやあ、俺も疲れ果てて気持ちいいとかいうんじゃなくて、達成感を得たいだけになったから、スタンプラリーで最後まで押すみたいな」という、愛情のかけらが見えない回答でした。
もちろん女性側も、恥ずかしかったりしたことでしょう。

セックスは男性主導になりがちな行為です。女性は「イヤ」「痛い」「避妊して」と言いにくいもの。
でもでも、二人の関係をいい方向に持ってゆくためにも、女子側のカラダを守るためにも『傷つくエッチはやめてね』と言えることは超重要です。

爪を切って、手を洗ってからじゃないと触っちゃダメと言う

もちろんシャワーを浴びるのが一番清潔な状態ですが、せめてビフォーエッチの手洗いマナーは守ってもらわないといけません。

伸び放題の汚い爪、フライドポテトの油でギトギトの指、または 電車で様々なウイルスが彼の指に付着しているかもしれないではありませんか! 

おやつを子供に与えるママのような気持ちでビフォーエッチのマナーはやさしく伝えてください。「手を洗わないと、おやつは食べちゃだめですよ」です。

無理なセックス行為はしない

SM嗜好の方々は、ちゃんと「塩梅(あんばい)」をわかってその行為をしています。そうしないと怪我したり、気絶したりしてしまいます。

男子は興奮してきてつい、彼女が痛がる事をしてしまう場合もありますが、「まずいな」と感じたら、その時点でNO!と言う意思を持ってください。

今回の相談者さんの場合も「つい入っちゃった」のだとは思いますが、日頃からあまりエスカレートして傷をつけてしまうなんてことがないよう伝えておきましょう。

病気について二人で知っておくこと

性感染症の恐ろしさについては以前にハウコレで「もしかしてうつされた?マジで危ない性感染症4つ」という記事でお伝えしました。

女性のデリケートな部分を傷つけたり不潔なままにしておくと、性感染症に限らず、化膿したり、できものができたりと女性独特の病気につながる可能性があります。

日頃からそういったテーマについて共有しておく「チョイまじなエッチ会話」もするようにこころがけるべしです。
不妊症になるおそれもあるとなると、女性にとっては重要問題ですからね。

気になったら即刻病院にGO!

今回の相談者さんもそうですが「痛みがないと安心」と考える人は多いもの。しかし性感染症はひどくならない限り痛みが出ない場合もあります。

相談者さんは膣内に傷がついて出血していますから、痛みがなくても病院に行くのをおすすめします。
 
ひどくなってから病院に行くより、おかしいなと感じたら行ってみてください。

おわりに

発熱、おりもの、出血、痛み・・こんな症状を引き起こすようなエッチを繰り返している女性の話を聞いたことがあります。

自分の身体の事を考えると同時に、セックスのパートナーとの関係をゼロから考えないと、結婚して子供が欲しい時期になったとき困るかもしれないと「エッチ反省会」をしてください。
 
(二松まゆみ/ハウコレ)

関連記事