美魔女が実践済み!いつでも実践できる若返りのコツ

若作りって言うとイヤラシイ響きカモ知れないけど、
若く見えるって言ったらステキじゃないですか?
わたしはこれで5~10歳は若く見られます。
(37歳ですが20代後半~30代前半くらいに見られることが多いです)


★美肌は必須!

若さにはキレイな肌必須!透明感重視!上手なメイクより効果的です。
高価な化粧品使わなくても日常のケアを自分に合う方法で
行えば高確率で保てます。
たとえば筆者の知り合いA子はすごくめんどくさがりなのですが、
パッサパサでそばかすのように細かいシミのある肌が気になりだしたそう。
そんな彼女でも毎日続く方法をアドバイスしてから2週間後・・・。
毎日続けてくれたらしく肌にツヤが出てグッと若く見えました!
大事なのはメイクではなく“洗顔料と基礎化粧品をどう使うか”
だとわたしは思っています。

★大事なチーク

血色の良い顔色は見た目年齢をグッと若々しく見せます。
肌の色によって合う色はあると思いますが
目指すは“湯上り上気肌”!
間違ってもおてもやんにならないように塗りすぎ注意ですが、
少なすぎるのも顔色UPにはつながりませんよ~
お風呂上りのお肌をチェックしてどの部分がどういう風に
ほんわりピンクになっているのかチェックしてみてください。
わかりにくかったら“上気肌”をイメージして。

★ヘアカラー

必ずしも暗い色は老けて見え、明るい色が若く見える訳ではありません。
個人個人にベストな色調、明るさが必ずあります。

ちなみに筆者は黄色系のすごく明るいトーンにするとすごく老けます。
かと言ってダークトーンではありませんが、金髪にならない程度のマロン系にしています。
もっとダークトーンでも問題ないのですがリフレッシュに染め直したばかりです。

★前髪

前髪の長さ、おろし方、量などで雰囲気は大幅に変わります。
年齢が35オーバーになったくらいから前髪をクルンとすると老けて見えるのではないかな?と思います。
毛先を丸めずストレートにおろしてみて下さい。
量は少なめより多目、顔周りにかかる髪はカールせずストレートにしてみてください。
日本人なら、こうするだけでちょっと若く見える人が多いと思います。
最終的には顔立ちが大きく影響しますが、おろすにしてもあげるにしてもチェック要です。

★最後に

何にしてもやりすぎると負荷がかかり、余計に老けて見える。
たまに小学生やギャルのような短いスカートをはいたり
あまりに鮮やかなパステルカラーをふんだんに取り入れた
中年の女性を見かけますが、
服装も変な若作りはかえって老けて見える。
ウェディングドレスも年を重ねた方が着る場合、
純白ではなく生成り色がしっくり合うそう。
その違いは並べないとわからないほどですがその微調整が大事。
筆者はシンプルなものほど若く見えやすいかなと思ったりします。

アナタも今日から美魔女への第一歩を!