2015.03.20

12星座で導く「恋のはじまりと終わり」~射手座・山羊座・水瓶座・魚座編~


人にはそれぞれ、「こんな風に恋に落ちて、こんな風に恋が冷めてしまう」という傾向があるものです。これはあなただけでなく、気になるあの人にも当てはまること。相手の恋愛傾向を知っておけば、恋人になって恋愛関係を続けたいときや、反対に別れたいときにも役立つでしょう。
星座ごとに陥りやすい恋のパターンと、恋が終わる瞬間を、4星座毎に、3回に渡ってご紹介します。

射手座の恋の始終

 射手座は冒険好きです。つかみどころのない謎めいた異性に関心を持ちます。雑学やマニアックな会話のできる知的な異性も好みです。チャレンジ精神を燃やす射手座は、追いかける恋を求めるので、色気で挑発するのもありですが、すぐに飽きられてしまうでしょう。
 人に縛られることが苦手な射手座は、「これはダメ!」「あれもダメ!」と条件を並べ上げたり、「電話は誰?」「誰からのメール?」と探りを入れてしつこくしていれば、自然と逃げていくはず。「ふたりの関係って、何?」という、重く深刻な話を振るのもオススメです。

山羊座の恋の始終

 心と同時に頭を働かせる山羊座は、将来を考えた上で、一緒にいることが望ましいと思えなければ、真面目なお付き合いをしないでしょう。交際した場合の付加価値を見せながら、「交際前→交際→結婚」という段階を追ったプロセスを歩むことが重要。現実問題と向き合う山羊座は、恋愛の先にある結婚を視野に入れているのです。
 ドライで現実的な山羊座は、感情的な話を好みません。別れ話を持ち出すときは感情を抑え、「○○だから、これ以上は一緒にいられない」と、理由と意向をセットにして具体的に伝え、別れを交渉しましょう。

水瓶座の恋の始終

 異性としての一般的な魅力よりも、頭のよさやユニークさに惹かれる水瓶座です。つまらない相槌で共感されるよりも、反対意見であっても、対等に意見交換できる相手や、突き抜けた個性の持ち主を好みます。ニッチな話題やUFOなどの宇宙ネタが好感度を高めるはず。友達から交際に進むのが狙い目。
 水瓶座との別れを願うなら、「私と仕事(または友達)のどっちが大切なの?」と質問してみましょう。言葉には出さなくても、「こんなにレベルの低いことを平気で言える人だったのか」と失望し、すんなり別れてくれるはず。

魚座の恋の始終

 同情心に厚い魚座は、誰にでも優しく接します。魚座に好意を抱く異性は多いでしょう。相手を受け入れて共感しようとするので、好かれたら好きになる傾向もあるようです。相談を持ち掛けたり、グチをこぼしてみると、一緒に一喜一憂して、そのまま一夜をともにしている可能性も!
 魚座は、別れが苦手です。別れを告げられれば受け入れますが、傷ついて壊れてしまうことがあります。「別れよう」と言われたのに、「距離を置くだけだから」と自分に言い聞かせていることも……。「夢に専念したいから」など、傷を浅くする配慮が必要です。

おわりに

 恋の終わりを考えて恋に落ちる人はいないでしょう。けれど実際には、終わってしまうことがほとんど。1度でも好きになった相手なら、別れるときにも気を遣ってあげたいものです。いい別れは、素敵な新しい恋への入口になります。

(LUA/ハウコレ)

関連記事